新着特集

りっちゃんとみっちゃんのドライブ

  • TOPボタン
  • 車中泊の旅2018年(計画)
    2018年夏計画中。

くるま泊の旅・紅葉ドライブいろは坂から中禅寺湖畔を走って奥日光雨の金精道路(日本ロマンチック街道)


くるま泊で行く日本の風景
 

Photo_4



Photo

Photo_2

D5

Photo_3



紅葉ドライブいろは坂から中禅寺湖畔を走って雨の奥日光金精道路(日本ロマンチック街道)
2017.10.13
≪≪末尾に動画を添付しています≫≫
よろしかったらご視聴ください

 

Mah011441_2

Mah011483


【日光二荒山神社の鳥居】             【戦場ヶ原付近の国道120号】

Dscn3845 【湯の湖】 




【紅葉真っ盛りの奥日光 日本ロマンチック街道】

いろは坂
日光山内と奥日光を結ぶ急坂で、上り専用の第2いろは坂と下り専用の第1いろは坂がある。古くは男体山や中禅寺への登拝者が通っていた道で、明治初期までは女人牛馬禁制だった。いろは坂の名称は、初期のいろは坂が48箇所のカーブがあったことからその名が付けられたとされます

中禅寺湖
奥日光の入り口に位置する中禅寺湖。周囲約25km、最大水深163mで、およそ2万年前に男体山の噴火による溶岩で渓谷がせき止められ、原形ができたといわれています。

戦場ヶ原
湯川が男体山の噴火で堰き止められた堰止湖であったのが、堆積によって湿原化したもの。中禅寺湖をめぐって男体山の神と赤城山の神が争った「戦場」だった、という神話が名前の由来といわれる戦場ヶ原。かつて湖であったものが湿原化したもので、400ヘクタールの広大な面積を誇ります

金精峠
群馬県との県境、標高2024mに位置する日光で一番高い峠。温泉ヶ岳と金精山の山並が、赤く染まるカエデの紅葉が美しい。沼田方面から金精峠のトンネルを抜けると、目の前に戦場ヶ原と男体山の大パノラマが広がりこれも感動的。紅葉の見頃は10月下旬~11月中旬。12月下旬~翌4月下旬は雪のため通行不可。



2017.10.13 朝から あいにくの雨ですが 紅葉真っ盛りの奥日光の旅を計画通り続けます。「日本ロマンチック街道」国道120号を「いろは坂」から「中禅寺湖畔」を通って「戦場ヶ原」「奥日光」「金精道路」を走って「菅沼」までの紅葉ドライブをしてきました。雨のため降車しての観光は 中止しました。
Photo_4

【今回のドライブコース】



・いろは坂のふもとの紅葉は色づき始めたばかりのようです
  日光市街と中禅寺湖・奥日光を結ぶ観光道路。下り専用の第一いろは坂と上り専用の第二いろは坂の二つがある。カーブごとに「い」「ろ」「は」・・・の看板が表示される急坂が続き、標高差は440m。第二いろは坂途中の明智平展望台からの眺めが良いそうです
(行ったときは 雨とキリで視界ゼロ ザンネンでした)

Mah011402

Mah011405




Mah011406

Mah011407


【第二いろは坂入口付近 の紅葉状況】

・第二いろは坂 中間付近の「黒髪平展望台」付近の紅葉の状況
  展望台からは霧のため何も見えず 目の前の石碑には「日本の道百選 日光いろは坂」と書かれていました

Mah011408

Mah011411


【黒髪展望台付近は 霧 キリ きり の いろは坂】

・明智平から二荒橋前までの状況
  緑のトンネルの中に色付いた木々が 多く見られるようになってきました

Mah011431

Mah011432



Mah011433

Mah011435


【雨と霧のいろは坂】

・二荒山神社の鳥居と中禅寺湖前の紅葉
  ここまで上がって来ると紅葉はだいぶ進み 色付いた木々がきれいです

Mah011441_2

Mah011451


【中禅寺湖に到着】


・中禅寺湖 最大水深163m。いろは坂をのぼりきった先に広がる 水面海抜高度1269mの大きな湖 中禅寺湖は、「日本一高い場所にある湖」です

Mah011452

Mah011457



Mah011458

Mah0114510


【中禅寺湖湖畔】

・中禅寺湖畔 ボートハウス付近の紅葉。 中禅寺湖畔ボートハウスは、国際避暑地として栄えた歴史を持つ中禅寺湖畔に、昭和20年代の水辺リゾート施設として建設された建物を、当時の姿にできる限り復元したものです。

Mah011462

Mah011463



Mah011464

Mah011465


【中禅寺湖ボートハウス】


・竜頭ノ滝(りゅうずのたき)付近の紅葉 竜頭の滝は幅10mほどの階段状の岩場を勢いよく流れる渓流爆。滝つぼ近くが大きな岩によって二分され、その様子が竜の頭に似ていることからこの名がついたといわれています。(雨のため通過)

Mah011472

Mah011474



Mah011477

Mah011478



Mah011479

Mah0114712



Mah0114713

Mah0114714


【竜頭の橋 付近】


・戦場ヶ原(せんじょうがはら)かつて湖であったものが湿原化したもので、400ヘクタールの広大な面積を誇ります。湿原をぐるりと囲むように自然研究路が整備され、2時間ほどで歩けるハイキングコースもあります350種類にも及ぶ植物が自生し、野鳥の種類が多いことでも有名。男体山を背景に広大な湿原を見渡せる展望ポイントが各所に設置されております。

Mah011482

Mah011483



Mah011492

Mah011493


【戦場ヶ原付近】


・湯の湖(ゆのこ)
  湯川が三岳の噴火で せき止められてできた湖で、三方を山で囲まれており、どことなく神秘的な雰囲気が漂います、訪れた時は 雨で雲が低くさらに神秘的でした。
 

Dscn3846

Dscn3848

【湯の湖 駐車場より】



・日光湯元温泉(にっこうゆもとおんせん)日光の奥座敷といわれ、約1200年前に日光開山の祖・勝道上人が発見したとされる白濁の硫黄泉が湧く名湯で、神経痛やリウマチに効くといわれています。また 温泉街には無料で利用できる足湯「あんよの湯」があります。

Mah011502

Mah011503





Mah011504

Mah011511


【奥日光湯元温泉付近】


・金精トンネル(こんせいトンネル)は、群馬県利根郡片品村と栃木県日光市の間の金精峠下を貫く国道120号のトンネル。標高1,843mで、国内のトンネルでは最も標高が高い。トンネル延長は755m。

Mah011521

Mah011522



Mah011531

Mah011541



Mah011551

【金精トンネル 栃木県側付近】



・金精峠途中の風景
  栃木県日光市 湯本 国道120号 駐車場よりDscn3851 



Dscn3850

Dscn3849

【金精峠 途中の駐車場より】



・金精峠トンネルを抜けた後の風景

Mah011571

Mah011572



Mah011581

Mah011582



Mah011602

Mah011603


【金精トンネル 群馬県側 菅沼・丸沼付近】

Dsc_0001

Mah011611

【白根温泉 付近】                  【本日のお風呂・きぼうの湯】




紅葉ドライブいろは坂から中禅寺湖畔を走って奥日光雨の金精道路(日本ロマンチック街道)

動画



YouTube: くるま泊の旅・紅葉の奥日光ドライブ・いろは坂から中禅寺湖畔を走って雨の奥日光金精道路・日本ロマンチック街道・栃木・群馬県

 

Photo

Photo_2

D5

Photo_3

Top

熊本から阿蘇長陽大橋を渡ってR325にて南阿蘇から雨の箱石峠ドライブ


くるま泊で行く日本の風景
Photo_2 

Photo_4



Photo

Photo_2

D5

Photo_3





阿蘇「長陽大橋」を渡ってR325南阿蘇からR265雨の中「箱石峠」ドライブ
2018.7.30
≪≪末尾に動画を添付しています≫≫
よろしかったらご視聴ください


Mah021157

Mah021298











【立野から長陽大橋を渡った栃の木地区】       【高森から265号を走って 箱石峠へ】


≪阿蘇 長陽大橋≫

・長陽大橋は(村道:栃の木~立野線)熊本地震で被害を受けた国道57号線・国道325号線の代替迂回ルートです。24時間体制で復旧工事を行い8月27日応急復旧工事が完了し長陽大橋が開通しました。この迂回ルートを利用すれば、南阿蘇村・高森町への時間短縮が可能となりました。

・長陽大橋ルートは、阿蘇の黒川・白川峡谷といった厳しい場所に敷設された道路で、峡谷と絶壁に架けられた橋です。橋に敷設される道路は、冬季の路面凍結がしやすく そこで道路状況の監視のため 数台の「ライブカメラ」が設置されています。

≪箱石峠≫

・阿蘇の東側外輪山を南北に走る国道265号に「箱石峠」があります。高森町から走ってくると左側に根子岳の雄性を見ながら、同時に外輪山の草原と丘陵を見下ろす眺めは絶景です・・・のはずが 当日は「箱石峠」だけが雨 の状態でのドライブとなりました。

・晴れていれば、ツーリングや写真愛好家の中では有名な絶景ポイントです。また 草原には 放牧された牛たちが草を食む姿ををみることが出来ます。みどりの草原が 表現する静の風景に そよ風が もたらす草原の風紋のような動の風景 阿蘇は何処に行っても壮大な風景をたんのうできます。


■2018.7.30 熊本方面の 阿蘇郡南阿蘇 国道57号線 立野駅(南阿蘇鉄道高森線)付近より「長陽大橋」を渡り 国道325号を走って 高森町から国道265号を走って快調に走行「箱石峠」に近づくにつれ雲行きが怪しく峠付近では本格的な雨に 峠を下る(過ぎる)と天気は回復 「箱石峠」だけが雨の残念なドライブの記録です。

Photo_5 【今回のドライブコース】




・開通した「長陽大橋」目も眩む黒川の溪谷に掛かる橋(運転中は見えませんが!)
橋の周辺はまだ 工事をしている様で重機やダンプカーが見えます。

Mah021152 【長陽大橋 立野側】

Mah021154

Mah021156

【長陽大橋 中間地点】              【戸下大橋 付近】


・ 近くには「阿蘇下田城ふれあい温泉駅」があります。
 南阿蘇鉄道が管理する。駅舎内にある温泉です。また、駅構内(高森側)には『縁結びの石』があり、石の両側にあいた穴の中で男女が固く結び合うと、その二人は必ず結ばれるという逸話があるそうです。

Mah021163253 【南阿蘇村河陽 付近 国道325号の直線①】


・  近くには「白川水源」があります。
 白川水源は阿蘇郡南阿蘇村にあります。なだらかな稜線が続く、山里の風景を見ながら進んで行くと 阿蘇神社の末社「白川吉見神社」が あり、ここに白川水源があります。
 毎分60トンもの湧水が地底の砂とともに、勢いよく湧き上がり水質の良さで環境庁の全国名水百選にも

Mah021183251

Mah021183255


【南阿蘇村吉田 付近 国道325号 ②③】


・阿蘇郡高森町から国道265号へ「箱石峠」を目指します。
 左側には 阿蘇山、前方は 根子岳が 雲の合間からのぞいています。なんだか雲行きが 数年前の2月に来た時は このような天気から 降雪になり峠は積雪していました。今回は雨!?

Mah021212651_2 【国道265号へ左折直後】




・近くには 「月廻り温泉会館」ドライブで疲れた時の立ち寄りに良い温泉です。根子岳を望みながら入る露天風呂は最高です また 家族風呂もあります。

Mah021212652

Mah021212654


【阿蘇郡高森町高森 付近 国道265号 ①②】

・さらに 国道265号を進むと「国民休暇村南阿蘇」があります。
 阿蘇五岳が 一望できる草原の中にあります。宿泊はもちろん オートキャンプ場や温泉設備が併設されています。

Mah021221

Mah021222


【阿蘇郡高森町高森 付近 国道265号 ③④】

・「上色見熊野座神社」と「うげ戸岩
国民休暇村南阿蘇から約1キロチョットのところにあります。(約100m先に無料駐車場があります)国道の横すぐが参道です 鳥居をくぐり長いなが~い苔生した階段と灯篭が 両側には真っすぐに天に伸びた杉の木の坂道を登って行くと 縁結びや商売繁盛の上色見神社があります

 さらにわき道の急な斜面を登って行くと、神社にあるもう一つのパワースポットうげ戸岩があります。岩に大きな10mほどの穴があいていてにあります。阿蘇山の神・健磐竜命の従者であった鬼八法師が蹴破ったといわれており、昔から地域の人に大切に守られてきたパワースポットです。


Mah021241_2

Mah021251


【阿蘇郡高森町高森 付近 国道265号 ③④】


「箱石峠」とうとう 雨になりました、残念ですが 雨の箱石峠になりました。

Mah021292 【箱石峠の急勾配注意の標識】


・晴れていれば ゆるやかな丘陵にみどりの草原の雄大な景色が見えたのに!ザンネン!

Mah021293

Mah021274_4


【箱石峠急勾配①②】

・少し下ると雲が遠くに離れて行っています。ラッキー!

Mah021295

Mah021296


【箱石峠急勾配③④】

・遠くの山まで見えるようになりました。

Mah021297

Mah021298


【箱石峠急勾配⑤⑥】

・丘陵のみどりがきれいに見えます、ときおり雨がぱらついています。

Mah021299

Mah0212911


【箱石峠急勾配⑦⑧】

・中腹まで下りてきました、降雨後のみどりがきれいに見えます。

Mah0212913 【箱石峠 中腹】


・箱石峠下りの途中から雨がやんできました。山の天気は変わりやすいですね!
  引き続き箱石峠下りの風景です。

Mah021301

Mah021302


【箱石峠 中腹】

Mah021303 【もうすぐ一宮に着きます】

Mah021304

Mah021306


【国道57号のT字路】



動画



YouTube: くるま泊の旅・熊本市から阿蘇長陽大橋を渡って箱石峠雨のドライブ・熊本県

Photo

Photo_2

D5

Photo_3

Top

四国カルスト天空の絶景・国道439号から近道をした県道48号が大変な険道だった

くるま泊で行く日本の風景
Photo_2
ブログトップへ
Photo_4

Photo

Photo_2

D5

Photo_3





Top


四国カルスト天空の絶景近道をした県道48号が険道だったが景色は最高
徳島県(道の駅大歩危)から国道439号を走り県道48号にて天狗高原・四国カルストへ
2017.12.3
≪≪末尾に動画を添付しています≫≫

Mah016514838322 【標高1400m天空の四国カルストから太平洋方向の山々】

Photo_2




≪四国カルスト≫
「福岡県の平尾台」や「山口の秋吉台」に並ぶ日本三大カルストのひとつで、夏はドライブやツーリング、キャンプに人気の場所です。標高が1400mと三つの内で最も高い場所にあり、夏でも気温が低く春から秋にかけては多くの人が訪れるます。尚 冬季は積雪のためオフシーズンです。

≪国道439号≫
国道⇒(酷道)として有名のようです、徳島県の「道の駅大歩危」から前半の高知県吾川郡の「太郎田集会所」までは二車線で出来立ての快適な道が この先一転離合もままならない道幅一車線と二車線が交互に出てくる 運転に気の使う道となります。県道48号まで約10kmです。


≪とんでもない高知県道48号線≫
国道439号線がら 右折して県道48号線に入ると 一車線に加え 厳しいカーブが8kmも続く過酷な道です。たたひたすら坂道を上り続け 時折見える秋の里山の風景や遠くに見える山脈の風景に心を癒されながら標高1400mの【四国カルスト】に「たどり着きました。





・国道32号線 ~ 439号沿線の風景

   「道の駅大歩危」から「太郎田集会所」まで
   太郎田集会所付近の439号線では道幅が 1.0~1.5車線と非常に狭くなります

Mah016461r32

【国道32号 高知県長岡郡大豊町付近】



・国道ですが 道幅が1車線のところがあります。景色は私の好きな風景です。
  道幅が急に狭くなり、急カーブあり、急坂ありこのような国道を酷道と言うのでしょうね!

Mah016484391 【国道439号津野町付近①】


Mah016484392

Mah016484393

【国道439号津野町付近②③】 

  

Mah016484394

Mah016484395

【高知県吾川郡仁淀川町 矢筈トンネル】

・県道48号線 ~ 天狗高原沿線の風景


「国道439号から県道48号分岐地点」から「天狗高原 天狗荘」
  天狗荘までは 道幅が1~1.5車線と狭くカーブもきつく 上り道が延々と約8km続く道です
 秋の山里の風景が必死に運転している私の心を癒します。

Mah01649481 【県道48号津野町芳生野乙付近①】

・里山の田畑の中をぬうように県道(険道)が通っています。狭い急坂急カーブ と観光道路でなく地域の方の生活道路のようです。ただ 何度も言うようですが 景色はいいですね

Mah01649482 【県道48号津野町芳生野乙付近②】

・時々 視界が開け遠くには四国の山々の風景が

Mah01649484 【県道48号津野町芳生野乙付近③】

Mah01649485

Mah01649483

【県道48号津野町芳生野乙付近④⑤】

Mah01650483

Mah01650481

【左折 天狗高原の表示】               【県道48号の表示】

Mah01650484 【県道48号 高知県高岡郡津野町芳生野乙付近①】

Mah01650485 【県道48号 高知県高岡郡津野町芳生野乙付近②】

Mah01651483831 【県道48号から天狗高原付近①】

Mah01651483832

Mah01651483833

【県道48号から天狗高原付近②③】

Mah01651483834

Mah01651483835

【県道48号から天狗高原付近④⑤】

Mah01651483836

Mah01651483838

【県道48号から天狗高原付近⑥⑦】

Mah016514838310

Mah01651483839

【県道48号から天狗高原付近⑧⑨】

Mah016514838311 【天狗荘】

・四国カルストの風景

  県道383号 天狗荘~天狗高原を通って四国カルストから姫鶴平へ
   標高1400mからの360度の大草原の中に点在する石灰石群落さらに遠くには四国の山々の
   眺望が絶景でした。

Mah016514838312

Mah016514838313

【天狗高原~四国カルスト①②】

Mah016514838314

Mah016514838316

【天狗高原~四国カルスト③④】



Mah016514838315 【天狗高原~四国カルスト⑤】

Mah016514838318 【天狗高原~四国カルスト⑥】



Mah016514838319 【天狗高原~四国カルスト⑦】



Mah016514838320 【天狗高原~四国カルスト⑧】


・天空の道を走ると 周辺の山々が眼下に見えます。

Mah016514838324 【天狗高原~四国カルスト⑨】

Mah016514838317

Mah016514838319_2

【天狗高原~四国カルスト⑩⑪】

Mah016514838321

Mah016514838322

【天狗高原~四国カルスト⑫⑬】



・姫鶴平(めづるだいら)四国カルストのほぼ中央に位置し宿泊施設、コテージ、キャンプ場などの設備があります。晴れた日には太平洋まで見えるようです、また 夜は満点の星空が絶景だそうです。

Mah0165238310 【姫鶴荘前の風景】

Mah016523832

Mah016523833

【姫鶴平の風景①②】

Mah016523835

Mah016523834

【姫鶴平の風景③④】



・姫鶴平は見渡す限り広がる牧草地、春から秋まで牛の放牧がおこなわれ、風力発電の風車がのどかな風景に彩を添えます。

Mah016523834_2 【姫鶴平の風景⑤】

Mah016523838

Mah016523839

【姫鶴平の風景⑥⑦】

Mah0165238311

Mah0165238312

【姫鶴平の風景⑧⑨】



Mah0165238313 【姫鶴平の風景⑩】

≪≪動画≫≫


YouTube: くるま泊の旅・四国カルスト天空の絶景・近道をした県道48号が険道だった

Photo

Photo_2

D5

Photo_3






Top

島原雲仙仁田峠ドライブ普賢岳とミヤマキリシマ群落の眺望

ランドクルーザープラドで行く日本の風景
Photo_2
ブログトップへPhoto_4

雲仙仁田峠からの眺望とミヤマキリシマ
2018.5.11 sun

末尾に動画を添付しています

20180511_143956

20180511_141644

【池の原園地のミヤマキリシマ】          【普賢岳 今の風景】

Photo_3


≪ 普賢岳と仁田峠 ≫

雲仙は、昭和9年3月16日、瀬戸内海や、霧島屋久とともに日本で最初に指定された国立公園です。平成2年には雲仙岳の主峰普賢岳が198年ぶりに噴火し、溶岩ドームや火砕流跡地といったあらたな火山景観が形成されました。

ーーー島原半島ジオパーク・Unzen Volcanic Area Geopark JAPAN !・雲仙普賢岳登山 普賢岳の写真ーーー
ホームページ参照しました

仁田峠循環道路 国道57号線より入り、仁田峠を経て国道389号へ抜ける左回りの一方通行の道路 通行時間は8時~18時45分(11月~3月は17時45分まです。)通行料金は無料ですが 環境保全協力金100円でした。第二展望台からは 普賢岳 平成新山の迫力ある姿が正面に見えます。

ミヤマキリシマは長崎の県花で 細葉 小花のツツジ、 雲仙では 標高700m以上の高地に群生しているそうです。 池の原園地の 雲仙ロープウェイが 見えるミヤマキリシマ群落の中を散策後 仁田峠へ 雲仙ロープウェイ付近の山はピンクの花で埋め尽くされていました。



旅の工程

  ・国道57号(長崎諫早市)⇒ 広域農道(雲仙市国見町)⇒ 県道131号 ⇒ 国道389号 ⇒ 池の原園地(矢岳駐車場) ミヤマキリシマ眺望(雲仙市小浜町)⇒ 雲仙仁田峠第二展望台 ⇒ 仁田峠駐車場 ミヤマキリシマ眺望 

・国道57号から広域農道の風景

  国道57号を雲仙方向へ 途中「島原道路」(国道251号)が一部開通していたので走ってみました 左に有明海 右に山並み 景色の良い道路でした。・・・「吾妻IC」が終点 広域農道に出たのでそのまま雲仙仁田峠を目指すことにしました。

Mah0186913221 【島原道路諫早市森山町付近】

・県道131号から見る普賢岳

  県道131号を普賢岳方向へ上って行くと国道389号への交差点付近で視界が開け普賢岳が見えました。

Mah0187213113491 【県道131号から見る普賢岳】

 
・国道389号の風景

  車窓からは 小浜の街並みが小さく見え その先には楠湾が広がっています。車載カメラに写ってないのがザンネンです。

Mah0187438913551_2【国道389号トンネル出た直後】


・池の原園地付近 国道からの風景

  矢岳駐車場手前 国道389号からの風景。矢岳駐車場は 池の原園地の3か所の駐車場の内の1つ ミヤマキリシマ群落の中をぬうように遊歩道が 設けられています。

Mah0187638913581 【池の原園地付近国道389号から】


  ミヤマキリシマと矢岳の風景です

Mah0187638913582 【池の原園地付近国道389号から②】

・池の原園地の5月の風景

  前方には 妙見岳の雲仙ロープウェイ 反対側には 矢岳 の眺望 目の前は ミヤマキリシマ群落  時間を忘れさせる 風景です。

Mah0187638913583【駐車場から見る風景】

20180511_140203 【園地から矢岳を望む】

  妙見岳の山頂 ・・・ 雲仙ロープウェイの山頂駅が見えます(写真ではチョットムリ)

20180511_140213 【妙見岳】

  池の原園地は 登山やハイキングコースの一部になっているようで案内板が数か所に設けられていました。

20180511_140444 【遊歩道横の案内板】

20180511_141350 【遊歩道から見るミヤマキリシマ】

20180511_140513

20180511_140623

20180511_141112

20180511_140433

【各種案内標識】

20180511_141212 【遊歩道から②】

20180511_141528 【遊歩道から③】

20180511_141607 【遊歩道から④】

20180511_141620【遊歩道から⑤】

20180511_141733 【遊歩道から⑥】

20180511_141644 【遊歩道から⑦】

・仁田循環道路の風景 その1

  入口の料金所から第二展望所までの風景 前半は林の中を通ることが多いが 第二展望所が 近づくころには 右側の眺望が開け山並みや遠くには 島原湾の海が見えました。

Mah018785414252

Mah018785414251

【料金所付近】

Mah0187914323

Mah0187914322

【眺望が開けた付近の風景】

Mah0187914326

Mah0187914324

【第二展望所付近】

Mah0187914327 【第二展望所】

・第二展望所

  一方通行の仁田循環道路にある第二展望所 普賢岳を眺望する格好の場所で 噴火でできた平成新山を正面に見ることができます。

20180511_143607 【第二展望所から見る普賢岳】

20180511_143939 【第二展望所から見る普賢岳②】

20180511_143956 【第二展望台から見る普賢岳③】

20180511_143653 【第二展望台から見る普賢岳④】

20180511_143518 【第二展望台から見る普賢岳⑤】

20180511_144031 【島原市街と島原湾の風景】

20180511_143815 【島原市街と島原湾の風景②】

20180511_144044

20180511_144100

20180511_143533

20180511_144152

【その他の画像】

・仁田循環道路の風景 その2

  第二展望台から仁田峠 雲仙ロープウェイまで 木立の間から普賢岳を見ながらのドライブとなります 眺めが良いとは言い難い、仁田峠駐車場に着くと 全面にミヤマキリシマが飛び込んできました。

Mah0188014462 【第二展望所出てすぐの普賢岳】

Mah0188014466 【雲仙駐車場の風景】

Mah0188014463

Mah01879143210

Mah0188014465

Mah0188214531

【第二展望所から仁田峠駐車場途中の風景】

・仁田峠展望台のミヤマキリシマ

  標高1080mにある展望台 駐車場から見える山裾にはミヤマキリシマが咲き誇りピンクのじゅうたんとなっていました。また 雲仙ロープウェイで妙見岳山頂まで行くことができます 。

20180511_144814_2 【妙見岳・仁田峠駐車場より】

20180511_144806 【妙見岳・仁田峠駐車場より②】

20180511_144835 【妙見岳・仁田峠駐車場より③】

動画


YouTube: くるま泊の旅・島原雲仙仁田峠のドライブ普賢岳とミヤマキリシマの眺望・長崎県・車中泊

Photo_3
ブログトップへ

明神峠ドライブ(静岡県道147号)三国峠側から小山町

Photo
≪工房りっちゃん≫

~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて                                                                          ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~

動画添付 

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14



Top_2Photo_3Menu_3


2017年 5月 16日 cloud曇り

14720170516明神峠の位置



【明神峠】

静岡県道147号線、三国峠 終点から静岡県駿東郡小山町まで。途中には 下り勾配10%、15%の標識があり  さらには ブレーキ故障時の避難場所 も設置され 下り坂が急なことがわかります。

三国峠側から来ると【明神峠】は 全て下り坂となります。エンジンブレーキを上手に使ってお互い安全運転に心がけましょう。




Photo_15 静岡県の標識から【明神峠】となります



Photo_16 明神峠風景①



Photo_17 明神峠風景②



Mah009451 明神峠風景③



Mah009452 明神峠④



Mah009453明神峠⑤


Mah009454明神峠⑥

Mah009455明神峠⑦


Mah009456明神峠⑧



Mah009457静岡県小山町のT字路

動画


YouTube: 明神峠ドライブ(静岡県道147号)2017 05 16 am11時くもり

 

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14



三国峠~明神峠 ドライブ(山梨・神奈川 県道730号~静岡県道147号)

Photo
≪工房りっちゃん≫

~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて                                                                          ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~



Top_2Photo_3Menu_3


2017年 5月 16日 cloud曇り (くもで富士山見えず)

Photo 山中湖パノラマ台より 左側の雲に【富士山】隠れています ザンネン!



【三国峠】

山梨・神奈川県道730号線(山中湖小山線)、山中湖畔を起点として途中神奈川県を一次通り 明神峠に名称が変わる静岡県道147号まで。山中湖(標高1000m)から ず~っとカーブの連続 最高地点 標高1168m 。途中視界が開けたところから見える 山々が こころを癒す。


【明神峠】

静岡県道147号線、三国峠 終点から静岡県駿東郡小山町まで(動画は明神峠途中まで)。途中には 下り勾配10%、15%の標識があり  さらには ブレーキ故障時の避難場所 も設置され 下り坂が急なことがわかります。



【地図】

730_147 富士山と峠の位置関係



1km パノラマ台より 1km地点の風景(後方が 山下湖)



1km_2 パノラマ台より1km地点 小高い丘 富士山と山中湖の眺望が良い場所 今回はくもで×



Photo_2 【三国峠】は全体にこのような風景  時々視界が開けたところからの景色は良い



 Photo_4 【三国峠】の途中一度神奈川県に入ります 標識の下に 左側 三国山 右側 明神山の案内あり



Photo_5 【明神峠】静岡県の標識 ここから明神峠 県道730号から県道147号となります



Photo_6 【明神峠】全般にこのような道 くだりで勾配が結構急です



Photo_7 【明神峠】下り坂 勾配10%の標識 と 眺望



その他のショット

Photo_8

Photo_9








【三国峠】                 【明神峠】


動画


YouTube: 三国峠・明神峠前半のみ(山梨・神奈川・静岡県道147号)2017 05 16


Top_2Photo_3Menu_3

goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

最近の写真

  • Mah023347
  • Mah023346
  • Mah023344
  • Mah023343
  • Mah023331
  • Mah023321
  • 20181116_105309_hdr
  • 20181116_105206_hdr_2
  • 20181116_105206_hdr
  • 20181116_105107
  • 20181116_104839
  • 20181116_104643_hdr