新着特集

りっちゃんとみっちゃんのドライブ

  • TOPボタン
  • 車中泊の旅2018年(計画)
    2018年夏計画中。

長崎平戸・生月島サンセットウェイ・夕日には早すぎた東シナ海と草原と山側のそそり立つ断崖の道


くるま泊で行く日本の風景
Photo_2 

Photo_4

Photo

D5

Photo_3

Top




生月サンセットウェイ・夕日には早すぎた東シナ海と草原と山と断崖の道
2018.6.15
≪≪末尾に動画を添付しています≫≫
よろしかったらご視聴ください

Mah0196814473
【生月サンセットウェイ】




≪≪生月サンセットウェイ≫≫

★ 所在地は 九州 長崎県平戸市の「平戸島」北西側に位置する「生月島(いきつきしま)」この島の 西海岸の「生月農免農道」『生月サンセットウェイ』と呼びます。東シナ海の大海原と山側のそそり立つ断崖の雄大な景色を同時に見ながらの絶好のドライブルートです

★ 「生月島」の名前の由来は帰国する船人が この島を見つけた時に 無事に帰ってこられたと安心してホッと息をついたことから といわれています。「生月大橋」ができるまでは フェリーで行き来していました。

★ この島の西海岸沿いを走る約10kmの道路が「生月サンセットウェイ」、展望のよい 爽快な道で夕日の観光スポットにもなっています。 日本の自動車メーカー数社が CMロケ地に使っていることで有名です。




■生月サンセットウェイ 走行ルート

■ 2018.6.18 生月島 北端の大バエ灯台と塩俵の断崖を眺望 後「生月サンセットウェイ」にて生月大橋まで移動しました。15時頃走ったため夕日にはチョットはやく、曇り空で絶景とまではいきませんでしたが 東シナ海の大海原、そびえ立つ断崖、ワインディングロード と放牧風景を見ながらのドライブを堪能しました。

・大バエ灯台から「生月農免農道」入口までの風景

Dsc_0225 【大バエ灯台】

Mah0196714401

Mah0196714403


【大バエ灯台駐車場・(上の駐車場が近いです)】          【途中の風景】

Mah0196714404 【前方は北東部の東岸にある御崎漁港】


■ 生月農免農道(生月町壱部付近)


  ・県道42号から右折して日本の車会社のCMロケで有名な「生月農免農道」に入ります

Mah0196814471
【県道42号から 生月農免農道分岐地点】




Mah0196814473_2
【生月農免農道①】


Mah0196814474

Mah0196814476




【途中の風景①】


Mah0196814477_2
【生月農免農道②】


Mah0196814478
【生月農免農道③】


Mah01968144710
【生月農免農道④】


Mah0196814479

Mah01968144712







【途中の風景②】


Mah01968144714
【生月農免農道⑤】


Mah01968144715

Mah01968144718








【途中の風景③】


Mah01968144716
【生月農免農道⑥】


Mah01968144720
【生月農免農道⑦】


Mah01968144719

Mah01968144722



Mah01968144723

Mah01968144724








【途中の風景④】


Mah01968144725
【生月農免農道⑧】


Mah01968144726

Mah01968144727









Mah01968144728

Mah01968144729







【途中の風景⑤】


Mah01968144730
【生月農免農道⑨】


Mah01968144733
【生月農免農道から スカイブルーの生月大橋(小さく見えます)】


Mah0196915001

Mah0196915002








【生月大橋付近】


■ スカイブルーのきれいな「生月大橋」

 ・橋の下(生月島 側)に「道の駅生月大橋」がありここからの橋の風景が見ごたえがありました。

Mah0196915003
【生月大橋①】


Mah0196915004
【生月大橋②】


Mah0196915005
【生月大橋③】


Mah0196915006
【生月大橋④】



Dsc_0199
【生月大橋⑥ 道の駅生月大橋からの眺望】

動画


  YouTube: 長崎県平戸市生月島・生月サンセットウェイ西海岸農免農道ドライブ・くるま泊の旅



Photo

D5Photo_3

Top

平戸・大バエ灯台の目がくらむ絶壁と塩俵の断崖へ生月大橋を渡って・長崎・くるま泊の旅


くるま泊で行く日本の風景
Photo_2

Photo_4

Photo

Photo_2

D5

Photo_3

Top


青い「生月大橋」を渡って大バエ灯台の目がくらむ断崖眺望
2018.6.15
≪≪末尾に動画を添付しています≫≫
≪≪よろしかったらご視聴お願いします≫≫

Dsc_0216 【塩俵の石柱節理の断崖】


≪平戸 生月島≫

★ 「平戸」は九州の西側長崎県の北側にあり赤い平戸大橋を渡ったところに位置します(橋で結ばれた日本最西端の宮之浦町があります)、さらに平戸の北側 青い生月大橋を渡ると「生月島」(いきつきしま)に入りさらに北端の大バエ灯台を目指すと途中「塩俵の断崖」があります。

★ 塩俵断崖(しおだわら):雄大な柱状節理の断崖が南北に500m、海岸からの高さ20mもある見事な景観は長崎県新観光百選にも選ばれています。付近には「塩俵いこいの広場」展望台が有ります。

★ 大バエ灯台:生月島の最北端の約80mの断崖の上に立つ白亜の灯台、灯台のらせん階段上部からは 条件が良ければ 水平線の彼方に壱岐・対馬まで見渡すことができる 360度の眺望が楽しめる景色は素晴らしいのひとこと。



■ 2018.6.15 平戸島の長崎県道19号を生月島方向へ途中から県道42号に入って 13時頃 青い「生月大橋」を渡り 橋の下にある 「道の駅生月」にて休憩、時々降っていた雨も止み13時半出発「塩俵の断崖」の柱状節理の断崖を眺望後 14時過ぎ「大バエ灯台」到着 。


Mah019621913321 【遠くに青い生月大橋・平戸市主師町付近の県道19号線】


Mah019611913291

Mah019621913322

Mah019621913323

Mah019621913326

【生月大橋手前の 平戸市主師町付近の県道19号線】


■ 道の駅生月大橋にて休憩します。爽やかな青色の「生月大橋」がきれいです。
  ・生月大橋=全長:960m  髙さ:31m  型式:3径間連続曲弦下路鋼トラス橋
   1991年7月一般有料道路として運用開始(2010年4月無料化へ)

Mah019621913329 【生月大橋】


Mah0196219133211 【生月大橋中間地点】


Mah0196219133215 【道の駅生月大橋 入口付近】


Dsc_0199 【道の駅から見る 生月大橋】


Dsc_0198

Dsc_0200

Dsc_0202

Dsc_0203_2

【道の駅生月大橋から見る風景】

■ 県道42号を走って「塩俵の断崖」を目指します。
  ・塩俵の断崖はこんなところです。

Dsc_0214 【塩俵断崖・塩俵いこいの広場からの眺望】


Mah019654214041

Mah019654214042

Mah019654214044

Mah019654214045

【塩俵の断崖途中の 生月町壱部付近の風景県道45号】


■ 塩俵の断崖到着
 ・駐車場の左側にいこいの広場、右側方向に「塩俵の断崖」周辺は爽やかな風が吹いていました。高さ約20mの柱状節理の断崖絶壁は壮大です。

Mah019654214046_2

Dsc_0208

【駐車場から塩俵いこいの広場】      【駐車場から塩俵の断崖方向】


Dsc_0210 【塩俵の断崖の風景①】


Dsc_0213 【塩俵の断崖の風景②】


Dsc_0218 【塩俵の断崖の風景③】


Dsc_0206

Dsc_0207

Dsc_0209

Dsc_0211

Dsc_0217

Dsc_0218_2

【塩俵の断崖 その他の風景】

■ 次に約3km先の「大バエ灯台」を目指します。
  ・大バエ灯台はこんなところです。

Dsc_0225 【大バエ灯台全景】


Mah0196614133

Mah0196614134

Mah0196614137

Mah0196614139

【県道42号線大バエ灯台までの風景】

■ 「大バエ灯台」上の駐車場に到着しました。(下の駐車場は遊歩道を歩いて灯台へとなります)
  ・灯台周辺はものすごい断崖絶壁です・・・写真で上手く表現できませんゴメンナサイ

Dsc_0222

【駐車場から灯台途中の風景】



Dsc_0221

Dsc_0223

【灯台へ徒歩で移動中の風景】

Dsc_0224 【大バエ灯台が見えてきました】


Dsc_0231 【灯台下の風景】


Dsc_0233 【灯台より北東方向 中央の磯は大バエ鼻 その先は鯨島 その後方は的山大島】


Dsc_0247_2 【写真①】【灯台より南側方向 先ほど走って来た県道45号】


Dsc_0242

【上の写真①の右側部分 灯台より南西方向】


Dsc_0246 【鞍馬鼻方向 灯台より南東方向】


Dsc_0243 【写真①の180度反対方向 北方向】


■ 上の写真の左側に下を見下ろせる個所を発見

   ★早速のぞいてみました ⇒ ⇒ ⇒ うわ ~ うぉ ~ typhoon目が回るtyphoon
      danger 不用意に覗かないように!
            danger 顔だけを出して覗くように!
                  danger 石の上に乗って覗かないように! 
                        danger バランスを崩したら落ちます!

Dsc_0237 【80m下の海面が真下に】

Dsc_0240

Dsc_0239

Dsc_0238

【覗きの石段から80m下の波打ちぎわ】

■ 大バエ灯台周辺 その他の写真

Dsc_0228

Dsc_0229

Dsc_0232

Dsc_0235_2

Dsc_0233_2

Dsc_0234_2

Dsc_0241_2

Dsc_0251



≪≪ 動画 ≫≫


YouTube: 平戸【大バエ灯台】の大パノラマと目がくらむ絶壁【塩俵断崖】へ生月大橋を渡って・長崎・くるま泊の旅

 

Photo

Photo_2

D5

Photo_3

Top

熊野古道大門坂の石畳を歩いて熊野那智大社参拝

ランドクルーザープラドで行くの日本の風景

Photo_2

~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて                                                                          ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~ 

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14



Top_2Photo_3Menu_3

 【熊野古道大門坂の石畳を歩いて熊野那智大社参拝】
2017年 11月 30日 sunはれ
スライド添付

Dscn4283Dscn4313_2









・熊野古道 大門坂の石碑              熊野那智大社の参道



那智大社と大門坂の まめ知識

★ 熊野那智大社は 熊野速玉大社、熊野本宮大社とともに熊野三山と呼ばれています。社殿は 仁徳天皇の御世(317年)に現在の場所に創建されその後 いく度かの改修、再興を経て 徳川時代 将軍吉宗の尽力で享保の大改修が行われました。

★ 世界文化遺産として2004年7月に 社殿と境内が「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されました。

★ 大門坂は 熊野三山に祈願する参詣者たちが歩いた熊野古道。その中でも、当時の面影を特に美しく残しているのが「大門坂」です。聖地「那智山」へと続く約640mの苔むした石畳、その両側には樹齢800年を越す老杉に囲まれ、往古の熊野詣りが偲ばれます。入口には高くそびえる夫婦杉の大樹が参拝者をお迎えします。
                                             ー熊野古道途中の説明板よりー




Photo ・大門坂駐車場から那智大社までのコース図


大門坂入口

Dscn4283_2 ・入口の大きな「大門坂」の石碑

Dscn4288 ・大門坂は直進の案内板


大阪屋旅館跡

Dscn4289 ・南方熊楠が研究のため三年間滞在した大阪屋旅館跡


振ヶ瀬橋

Dscn4290 ・大きな鳥居の先に赤い「振ヶ瀬橋」この橋が 俗界と聖域を分けるといわれています


平安時代の衣装を貸してもらえる大門坂茶屋

Dscn4294 ・左側「大門坂茶屋」ここでは「平安時代の衣装」の貸し出しをしてくれます この衣装で記念撮影や那智大社へ参拝している方もいました


夫婦杉

Dscn4295 ・前方には大きな門のようにそびえる樹齢800年の「夫婦杉」をバックにしての記念撮影場所


熊野古道大門坂

Dscn4297 ・夫婦杉を過ぎると苔生す石畳と石段が続く「熊野古道大門坂」です

Dscn4299 ・樹齢数百年の杉の大木が点在しています

Dscn4300 ・熊野古道 大門坂の案内板 この延々と続く石段は 467段あるそうです

Dscn4302 ・樹齢数百年の杉の木と苔生した石段を登って行くと「十一文関所跡」があります

Dscn4303

「平安時代の衣装」を着た参拝者が上から来ました(ピンボケです)


Dscn4330 ・三脚を構えて写真を撮っている方がいました
 その方向を 振り向くと よくもこの石段を登って来たものだと自画自賛‼

Dscn4304 ・歩くこと 約30分で観光センターの建物が見えてきました


Dscn4306 ・さらに階段が現れました (ドット疲れ) 右側は記念撮影用のパネル?

Dscn4312

・かなり長い石段です

Dscn4313_3 ・やっと鳥居が現れました「那智山熊野権現」と書かれています


Dscn43141 ・左側の手水舎で手を洗って参拝ですが さらに階段があります 本殿前にも手水舎がありました


熊野那智大社

Dscn4316 ・境内から見る参道 紅葉がきれいです


Dscn4315 ・大きな鳥居をくぐって本殿に参拝します (拝殿改修中のようです)


Dscn4317 ・青岸渡寺前の風景


那智の大瀧

Dscn4318 ・境内から見る「那智の大瀧」
 

Dscn43251 ★日本の滝100選に選ばれ落差は133mで銚子口の幅13m滝壺の深さ10mと「日本一の直瀑」として有名です 銚子口の岩盤に切れ目があり三つに分かれて落ちることから「三筋の滝」ともよばれています

おまけ・・・那智大社手前のお土産売り場内で「お滝もち」をいただく

Dscn4327

Dscn4328

和か屋本店内                    お滝もち

【スライドショー】


YouTube: 熊野古道大門坂の石畳みを歩いて熊野那智大社参拝

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14



Top_2Photo_3Menu_3


goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

信州 長野 秋の八ケ岳エコーラインとビーナスラインの紅葉と樹氷が絶景

ランドクルーザープラドで行くの本の風景

Photo_2

~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて                                                                          ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~ 

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14



Top_2Photo_3Menu_3

信州 長野 秋の八ヶ岳エコーライン と ビーナスライン紅葉と樹氷
2017年 11月 18日 走行 はれsun時々曇りcloud

  
【ブログ中の動画リスト

①動画【八ヶ岳エコーライン】  
   movie・山梨県北杜市 道の駅こぶちざわ~八ヶ岳鉢巻道路~八ヶ岳エコーライン

②動画【八ヶ岳ビーナスライン】 
    movie・長野県茅野市 蓼科高原~白樺湖

③動画【八ヶ岳ビーナスライン】 
    movie・長野県茅野市北山 白樺湖~美ヶ原高原

 

Mah014921

Mah015281







八ケ岳エコーラインの秋の風景          ビーナスラインの樹氷
・茅野市豊平 付近の直線              道の駅 美ヶ原高原美術館付近




【八ヶ岳エコーライン&ビーナスライン 豆知識】

★八ヶ岳西麓広域農道 通称 「八ヶ岳エコーライン」といわれる。長野県茅野市から長野県諏訪郡原村を経由し 長野県諏訪郡富士見町に至る広域農道。農道として建設されているが、富士見高原、蓼科高原、八ヶ岳ズームライン経由で中央自動車道諏訪南ICを結ぶ観光道路としての役割もある。

★ビーナスラインは、長野県茅野市から長野県上田市の美ヶ原高原美術館(標高2000mと日本一高い場所にある道の駅)に至る観光道路です。びーなすラインは、沿道にある蓼科山の山容を女神にたとえたことが由来だそうです。

★11月19日数日前からの寒波到来で【道の駅こぶちざわ】の朝は外気温―4℃ 晴れ時々曇り パンとコーヒーの軽い朝食後【道の駅美ヶ原美術館】を目指し出発。

★★八ケ岳エコーラインの紅葉と秋の風景 ビーナスラインから標高が上がるにつれ積雪、樹氷と白銀の世界 スケールの大きい山全体の紅葉と高原の樹氷は絶景の一言。




【今回のドライブルート】
道の駅こぶちざわ⇒ 県道484号(八ヶ岳鉢巻道路) ⇒八ヶ岳エコーライン⇒県道192号⇒
ビーナスライン蓼科高原⇒白樺湖⇒車山高原⇒霧ヶ峰⇒八ヶ岳高層湿原⇒三峰大展望台⇒
山本小屋ふる里館⇒道の駅美ヶ原高原

Photo 【今回のドライブコース 地図】

その1

八ヶ岳鉢巻道路

(道の駅こぶちざわ ~ 蓼科高原)



≪≫    出発地点 道の駅こぶちさわ付近 の風景    

Mah014851 【道の駅こぶちさわ 入口】
                      
      
Dscn4173Dscn4170










【観光案内所AM6:30】                【駐車場の風景AM6:30】
                         
Dscn4168Dscn4174











【道の駅から南アルプス方向AM6:30】        【車のフロントガラスの氷AM6:30】        



・   八ヶ岳鉢巻道路の風景(県道494号)   ・

Mah014863

Mah014861_2








富士見高原のゲート                 富士見高原リゾートの案内標識
「さわやか運転信農の路」の文字             天空の遊覧カートの案内もあります

Mah014881

Mah014891








富士見高原周辺の風景


・      八ケ岳エコーラインの風景      ・

Mah014922 八ケ岳エコーライン 長野県茅野市泉野 付近

Mah014924 『槻木大橋』の曲線がきれいです(車載カメラはいまいちcoldsweats02

Mah014925 『槻木大橋』の直線部 

Mah014926

Mah014927








茅野市泉野 付近の風景

Mah014928 『上場沢大橋』から見る風景 茅野市豊平泉

Mah0149212

Mah014932







Mah014923

Mah014931_2









八ヶ岳エコーライン 茅野市豊平泉付近の風景


動画No1


  YouTube: 信州 長野 秋の八ヶ岳エコーライン2017年11月19日

pencil 秋の森林と田園風景 遠くには 八ヶ岳連峰の雪景色!



maple


snow


その2
八ヶ岳ビーナスライン
・       白樺湖 ~ 道の駅美ヶ原       ・

Mah014942

Mah014941








茅野市北山 蓼科高原付近(県道192号)        右側 蓼科高原カントリークラブ付近

Mah01494  ・蓼科高原の県道192号(ビーナスライン)蓼科湖付近 紅葉が終わり落葉が車が通るたびに
  舞い上がっていました。標高1200mの標識があり。

Mah014961  ・プール平と蓼科温泉付近。プール平とは 昔蓼科温泉街の中に50mプールが あったので
  呼ばれるようになったそうです。

Mah01498192

Mah01498








 ・茅野市蓼科 ビーナスライン(県道192号) 右写真は 八ヶ岳ロープ―ウェイの案内表示

Mah01499 ・蓼科高原 標高1600m 積雪が目立つようになりました。この辺りは温泉付き別荘地販売の
 看板が目につきます。


すずらん峠の風景

Mah015001700m

Mah01500









・ビーナスライン標高1700m すずらん峠 右写真 すずらん園地駐車場&蓼科山登山口



Mah01500_2

Mah01500_3









・すずらん峠の長い下り坂の先には 右写真 白樺高原の標識が ありました。


白樺湖畔付近の風景

Mah01502_2 ・前方の白樺湖に飛び込むような長い下り坂です。



Mah01502_3

Mah0150240_2








・白樺リゾートの風景と右写真白樺湖畔の県道40号の風景。

動画No2


YouTube: 信州 長野 秋の八ヶ岳ビーナスライン(蓼科高原~白樺湖)2017年11月19日

 



snow


snow





その3

八ヶ岳ビーナスライン

白樺湖 ~ 美ヶ原高原



 ・      車山高原      ・ 

・夏でも涼しく 八ヶ岳中信高原国定公園内にあり 6月はレンゲツツジ、7月はニッコウキスゲ、8月はマツムシソウなどの高山植物が咲きハイキングも気持ち良い

 

Mah015071 ・車山高原リゾート地 しゃれたホテル群が点在しています。



Mah015061

Mah01506








・白樺湖から車山高原への途中の風景 左の写真は積雪した車山が見えます。この辺りは草原が多くなります。

Mah015073

Mah015072








・左側の写真 車山への途中の景色標高が高いことがわかります。右側は車山高原の展望リフト乗り場。


・       霧ヶ峰高原       ・

Mah015161 ・道路は積雪していましたが 駐車場から徒歩で霧ヶ峰高原(湿原もあり)に昇っている方もいました。



Mah015111

Mah015121








・左側 伊邦丸富士見台展望台にて写真撮影ちゅうの車(風景拝借)右側 ビーナスライン標高1700m表示と風景。


Mah015122_2

Mah015131








・左側 霧ヶ峰富士見台展望台駐車場 右側 駐車場から見る景色(中央はドライブイン)



Mah015151

Mah015162








・左側 霧ヶ峰高原手前の直線  右側 霧ヶ峰高原駐車場付近の風景。


・    霧ヶ峰ドライブイン霧の駅    ・


Mah015172直線道路の先にドライブイン霧の駅



 

 
Mah015174Mah015173
・ドライブイン霧の駅手前の風景と右側ドライブイン全景



Mah015182

Mah015191








・県道194号 長野県諏訪市四賀付近の森林を抜けると 右側 美ヶ原まで24kmの標識



   これから道の駅美ヶ原美術館まで行きます   

Mah015201 ・八島高層湿原(右前方) 駐車場はこの先左側にあり



Mah015232 ・三峰大展望台 ビーナスライン 県道460号 長野県小県郡長和町



Mah015231

Mah015233








・三峰大展望台付近の風景 この辺りは 樹氷が太陽に照らされ非常にきれいに光っていました。



Mah015251_2

Mah015253








・おおたろ橋 長野県松本市入山辺 付近 右側は 県道460号から左折して178号へ

・     山本小屋ふる里館     ・
(美ヶ原高原)


Dscn4192 ・山本小屋 ふる里館から見る 美ヶ原高原の美しの塔方向



Mah015283 ・山本小屋ふるさと館駐車場からの風景



Mah01526

Mah01527








・山本小屋ふるさと館 までの途中の風景 右側 山本小屋からの風景

Mah015282

Mah015285








・山本小屋ふるさと館 全景 右側 山本小屋ふるさと館を出たところ



Mah015286

Mah015287








・道の駅美ヶ原途中の標高1959mの標識 右写真 も途中の風景



・    道の駅美ヶ原美術館    ・


Mah015281
・道の駅美ヶ原美術館

 



Mah015289

Mah0152811








・道の駅美ヶ原への途中の風景



Mah0152812

Mah0152813








・道の駅美ヶ原の標識 右側 道の駅入り口



Mah0152814 ・道の駅美ヶ原高原駐車場




動画No3


YouTube: 信州 長野 秋の樹氷八ヶ岳ビーナスライン2017年11月19日

pencil 数日前の寒波により美ヶ原一帯は銀世界!



Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14



Top_2Photo_3Menu_3


goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

メルヘン街道(国道299号)雨の車窓より 長野県・蓼科高原~麦草峠2127m~白駒池

 

~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~

Photo_2
【工房りっちゃん】





2017.5.13 朝から一日rain雨時々cloud曇り

 

Photo メルヘン街道・蓼科高原付近

 sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04

 pencil【メルヘン街道(国道299号)

・メルヘン街道は 長野県茅野市蓼科高原と佐久穂町を結ぶ山岳ドライブコース 途中 国道としては2番目に高い麦草峠 標高2127mを通る、冬季は積雪のため通行止めとなる。
長野県観光情報ホームページより

・メルヘン街道 周辺の観光としては 「蓼科高原」「横谷峡」「蓼科・八ヶ岳自然学校」「麦草峠」、中でも「白駒池」は 標高2100m以上にある自然の湖では日本最大 周辺には原生林や苔の森などがあります

・標高の高いところを走り景色が良いと思いますが 両側の木々が 目線をさえぎりよく見えないのが ザンネンです。道の両サイドには 松の落ち葉が 茶色の帯となり 残雪の白色と相まって景色に花を添えていました。

sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04


20170513
メルヘン街道地図(長野県茅野市)



Photo_2 メルヘン街道・蓼科高原入口



Photo_3 左側 = ビーナスライン 、右側 = メルヘン街道、麦草峠の標識



1800m メルヘン街道・1800m地点の風景



1900m メルヘン街道・・1900m地点の風景と標識



1900m_2 メルヘン街道・1900m付近の風景



Photo_4
メルヘン街道・日向木場展望台付近



2100m
メルヘン街道・標高2100mの風景



2100m2100m
メルヘン街道・2100m付近・北八ヶ岳自然保護林


282127m_2
前方中央の四角いのが【麦草峠最高地点2127m】の標識



30 メルヘン街道・白駒池の駐車場



cameracameracameracameracameraその他のスナップ写真cameracameracameracameracamera



Photo_5

Photo_7






メルヘン街道の標識           直進 麦草峠の標識



1800m_2

1900m_3







1800mの標識             1900m付近の風景



Photo_8

2199m






日向木場展望台付近           2100m付近の風景



222100m

25







2100mの標識             八ヶ岳自然保護林付近



27 麦草ヒュッテ付近の残雪

動画
雨のメルヘン街道車窓より
長野県


YouTube: メルヘン街道雨の車窓(蓼科高原~麦草峠2127m)20170513




初夏の上高地乗鞍スーパー林道B区間走ってみた2017.05.12

~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて
ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~

Photo_2
【工房りっちゃん】




2017.05.12 朝から一日晴れ時々曇り 

B 残雪の乗鞍岳

 sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04

 pencil【上高地乗鞍スーパー林道】

・別名 林道奈川安曇線 3つの区間からなる 、A区間(奈川温泉~乗鞍高原)、B区間(乗鞍高原~白骨温泉)、C区間(白骨温泉~安房峠)は 崖崩れのため通年通行不可。
松本市ホームページより

・長野県松本市安曇のR158号線から県道300号線にて白骨温泉へ ここから 上高地乗鞍スーパー林道B区間を通って乗鞍高原までの6.7kmを走行。最高標高地点は 窪トンネル付近で約1700mです。

・道路は 全般に1.5~2車線で 一部1車線の狭いところあり 白骨温泉までは観光バスに注意が必要 窪トンネルから乗鞍高原までは乗用車数台とすれ違った 展望できる開けた場所が少ないのでPの活用を。

sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04

B23

蛭窪トンネル出たところ

 

B27 乗鞍観光センターからの乗鞍岳



B1

B3






R158号線から県道300号線へ       白骨温泉まで500m付近  



B5

B7






白骨温泉付近             白骨温泉付近の洞門



B9

B12






白骨温泉入口(右側)         蛭窪トンネル付近の白樺



B22

B24_2






蛭窪トンネル付近の残雪        蛭窪トンネル出た乗鞍側



B25

B26





       乗鞍高原付近の林道の風景     乗鞍高原側 林道入口ゲート

動画】上高地乗鞍スーパー林道B区間(別名:林道奈川安曇線)
    ・長野県松本市安曇  「県道300号~白骨温泉~乗鞍高原」車窓より


YouTube: 上高地乗鞍スーパー林道B区間走ってみた2017.05.12

 


~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて

                                                              ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~

最近の写真

  • Mah023347
  • Mah023346
  • Mah023344
  • Mah023343
  • Mah023331
  • Mah023321
  • 20181116_105309_hdr
  • 20181116_105206_hdr_2
  • 20181116_105206_hdr
  • 20181116_105107
  • 20181116_104839
  • 20181116_104643_hdr