新着特集

りっちゃんとみっちゃんのドライブ

  • 車中泊の旅2017年(計画中)
    2017年秋計画中。

カテゴリ「木工細工」の記事 Feed

木工細工 絵を描く時の台イーゼル作ってみた(キャンパスを置く台)


Photo
【工房りっちゃん】

色々な事にチャレンジする事が好きな「りっちゃん」のDIYの記録です

 


【木工DIY チャレンジ】
leftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftright
2017年3月1日

絵を描く時に キャンパスを置く台 ⇒ 《イーゼル》と呼ぶそうです 私は
喫茶店などの軽食メニューを書いた「額縁」を置く を思い出しました。

その《イーゼル》を 結婚式の”ウェルカム ボード”を置くのに使うので作っ
てほしいと友人より頼まれ 早速 近所の文具屋さんへ実物を見に行きました。

《イーゼル》は 高さ調整 と 前後の角度調整が できるようになっていましたが
今回は ”ウェルカムボード”を置く台とのことで 簡単な作りにしました。

leftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftrightleftright


  pencil イーゼル 作成目標
    ①高さは130cm程度固定  ②角度のみ調整可能(三脚のため必要)
    ③式場へ運搬しやすいよう場所を取らないこと(角材の束になること

  pencil 材料 購入
    ①2cm×180cm角材3本 ②6.5cmボルトと蝶ネジ 1セット 購入 

    pencil 切り出し
    ①角材 長さ130cm2本 、125cm1本 、50cm1本、(50cm2本余り)

 sharp 完成写真です・・・額のサイズは写真を参照ください
   ※折りたたむと角材4本の束になります

Dscn2795

 one角材の先端を加工し角材3本がボルトでとまるようにします 

 pencil 角材の加工  ①3本の 角材の先端を斜めに切落し 先端にボルトを通す貫通
  穴を開けます(角材3本をボルトで固定するため)・・・(写真参照)

    note先端を斜めにカットした写真です

Dscn2794
 

 

    note角材3本をボルトで仮に固定したところです。
      ※蝶ネジを締めていくと足が広がります、緩めると足が束になります。

Dscn2799





 two ウェルカムボードを置く桟の取付
  ①角材50cm(ボードを置く桟)を角材130cm2本の目標の高さの位置に木ネジ(結婚式に
   使うため 飾り木ネジ使用)で軽く動く程度に締め付け 反対側は 木ネジだけを取付けます
  ②角材50cmの反対側は 木ネジを受けるように溝を切っておきます

    note ボードを置く桟(斜めになっている角材)を取付けたところの写真

Dscn2801


  note ボードを置く桟(角材50cm)の左側に 切り込みを入れた部分を 木ネジに差し込もうと
   している写真です。

Dscn2800

  

 good 組み立て 
  ①穴を開けた3本の角材にボルトを通します 長さ130cm 次に長さ125cmに通し 最後に
   130cmに通し 蝶ネジで止めます(移動時は蝶ネジを緩めると足の広がりがなくなります)
  ②途中 角材50cmの切り込みを入れた部分を 木ネジに差し込みます。

note角材3本を緩め折りたたむ途中の写真です(②の所で使った写真、使いまわしですいません)
 ※このまま完全にたたむと角材4本の束になります。

Dscn2801_2

 

happy01 ウェルカムボードを置いて 以上で完成です。⇒ 冒頭の 完成写真を参照ください

note組立たところです・・・あとは磨いてニスを塗る予定です。

Dscn2796

 

作成の感想
 ・最低限の機能のみを追求した結果 非常に短時間(30分以内)で簡単にできました 友人にも喜んでもらいました。・・・お幸せに cake



台所DIY 収納庫 扉を引出し式に変更:工房りっちゃん



Photo

eye色々な事にチャレンジするのが好きな「りっちゃん」の 🔨DIYの記録です

 

eyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglass【木工DIY チャレンジ】eyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglass

 ・理由
  ① 台所コンロ下の収納庫の中が見えにくいため 奥の物が取り出しづ  
    らい。
    ② 使いにくいので 活用されてない


 ・目標
  ① 外見は 今まで通りで変えない、且つ安価で作成する。
  ② 収納物が一目でわかり 且つ 奥の物が取り出しやすくする。

 ・改善
   flair 開き戸 から 引出し式に変更。


eyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglass




Dscn3482

Dscn3495











➡➡➡

《Bifore》開き戸式         《After》引出し式



one 材料の準備(ホームセンターで購入)
 ・木材購入(1×4 ワンバイフォ = 3本)
 ・スライドレール(スライド長さ45cm)1セット
 ・かざり木ネジ 4本 ・・・他のDIY余り分
 ・ベニア板 5mm厚(引出し底用)・・・他のDIY余り分

annoy扉は 事前に蝶番から外しておく

Dscn3484_2


・左側から
 ㋑ 木材 1×4 ワンバイフォ 3本(切済)
   ㋺ 黒の収納ボックス
   (仮に入れてみるもの準備)

 ㋩ スライドレール1セット(45cm)











two 収納庫内にスライドレール取付け用の台固定

Dscn3487


※ 後で気が変わった時に 元に戻せるように 木ネジは使用せず くさびとかくし釘で 固定しました。(一か所 見えないところに木ネジ使用)
wine木ネジを使用しない分 台の板をが多くなっています











three収納用引出し作成

Dscn3486


※ 長さ41cm2本 と 45cm 2本
底板(ベニヤ板)45cm×45cm1枚で引出し作成。











four 引出しにスライドレールの取り付け用 板取付け

Dscn3485



※ 底板は ベニア板(厚さ5mm)のため 補強を兼ねスライドレール取付用の板取付け。(スライドレールは 仮に置いたものです)











five 引出し側にスライドレール取付け

Dscn3489
スライドレール取付け手順(自己流です)
※スライドレールは 引出し側と収納庫側とが 爪を操作することで分割ができます。
(取説確認)

㋑ スライドレールを引出し側にビスにて正規に取付ける
㋺ 引出し側に収納庫側スライドレールを取付けて強力両面テープを貼り付ける。
(収納庫側のレール取り付け位置を引出し側と合わせるためスライドレールは正規にセットする)



six 収納庫側にスライドレールを位置決めして仮取付けする

Dscn3492

※スライドレールは引出し側と収納庫側とが爪を操作することで分割ができます。(取説確認)
㋑ 引出しを仮挿入して位置を決める
㋺ 位置が決まったらそのまま下に押し付け 先ほど両面テープを付けたスライドレール 収納庫側を仮付けする
㋩ この状態でスライドレール分割爪を押して引出しごと 引き出す(引出し側と収納庫側を分割)
㋥ 収納庫側のスライドレールが 両面テープで仮固定された状態になる


seven 収納庫側のスライドレールを正規に取り付ける

Dscn3493


※引出しを引き出すと収納庫側のスライドレールが残っているので ビスにて正規に取り付ける











eight 引出しに扉を取付けます
annoyその前に扉の取っ手を 左端から中央へ取付を変更します(写真参照)

Dscn3688



※扉の位置を決め 引出しに木ネジで固定します
㋑ 一旦 引出しを収納して(引出しが奥に入りすぎないよう仮にストッパーを置きます)
㋺ 扉の位置が元の位置(開き扉の時)と同じになる所で 木ネジで固定する
※この写真は両サイド4本の木ネジで留めているのが見えます





nine 引出しに扉を取付け完成したところです

Dscn3494_2

Dscn3495_2










引出しに扉を取付けたところ          仮に黒いボックスを収納したところ



≪感想≫
 上から入っている品物が見えるうえ 必要なものも上から取り出しやすく非常に便利になったなった。今までは 横から見ていた 為 中の状態が 目え難く奥の物は一度手前の物を出してから 必要なものを取り出していた 状況でした。

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14



Top_2Photo_3Menu_3

 

goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

最近の写真

  • Dscn4101
  • Dscn4099
  • Dscn4098
  • Dscn4095
  • Dscn4093
  • Dscn4091
  • Dscn4089
  • Dscn4087
  • Dscn4073
  • Dscn4068
  • Dscn4066
  • Dscn4065