新着特集

りっちゃんとみっちゃんのドライブ

  • TOPボタン
  • 車中泊の旅2018年(計画)
    2018年夏計画中。

伊万里焼の風鈴祭りと三瀬峠旧道ドライブでチョットだけ見えた九州最大級の三瀬ループ橋・佐賀県・福岡県


くるま泊で行く日本の風景
Photo_2 

Photo_4



Photo

Photo_2

D5

Photo_3

Top


「伊万里焼」風鈴祭りと
三瀬峠旧道ドライブでチョットだけ見えた九州最大級の三瀬ループ橋
2018.6.25
≪≪末尾に動画を添付しています≫≫
よろしかったらご視聴ください

Mah0205726315461

Dsc_0009_2

   【伊万里焼鍋島会館前の水車】           【三瀬峠ループ橋】  


≪伊万里焼≫

★ 鍋島藩御用窯で作られた焼きものを鍋島と呼び、その伝統を受け継いだのが 伊万里焼です。江戸時代から明治にかけて、伊万里・有田地方の焼き物は伊万里港から積み出され、伊万里の地名は焼き物の代名詞として呼ばれていました。その当時の焼き物を古伊万里と呼んでいます。

★ 「伊万里 秘窯の里・大川内山」三方を山に囲まれた秘境ムードあふれる大川内山は、別名「秘窯の里」として親しまれています。「大川内山」は1675年から1871年まで佐賀鍋島藩の御用窯が置かれ、その藩窯では朝廷、将軍家や諸大名などへ献上されていました。伊万里焼パンフレットより

≪三瀬峠≫

★ 国道263号線で佐賀県と福岡県を結ぶ標高583mの背ぶり山地を超える峠。昭和61年に有料道路の「三瀬トンネル」が開通しました。福岡県側には 九州最大級といわれるループ橋があります。ループの直径は220m、高低差は100mで 長さが1000mと人吉ループ橋(1190m)より190m短いようです。今回は無料の旧道を走りました。



■ 佐賀県伊万里市大川内の秘窯の里「伊万里焼」 現在も30数件の窯元が当時の技法を受け継いでいるそうです、その窯元の作品をみて歩きました。「風鈴祭り」が6月から8月の間 開催されていました ほしくなり一個購入しました。 

■ その後 九州最大級といわれる「三瀬トンネルのループ橋」を 旧道を走って 下からの眺望では、ループ橋の大きさやループが良く見えませんでした ザンネン!。次回チャンスがあれば ループ橋を走ってみたいですね。

・窯元めぐり

20180625_135100_2 【伊万里鍋島焼会館 前の通り】


Dsc_0011

Dsc_0008_2

【風鈴祭りで沢山の風鈴を下げています、風に合わせ爽やかな音がしていました】

・鍋島藩窯坂

  山側に続く細い石畳みの道両側には 30数件の窯元が集まっています

Dsc_0013

Dsc_0014

Dsc_0015

Dsc_0016

【各窯元の入口の風景…撮影禁止の窯元あり注意】

Dsc_0017

Dsc_0018

【鍋島藩窯坂と窯元の壁】

・鍋島藩窯関所跡

Dsc_0038 【鍋島藩関所跡】

Dsc_0040

Dsc_0041

【鍋島藩窯坂の風景】

20180625_133435 【鍋島藩窯坂途中の窯元】

20180625_134456

20180625_134511

【天神橋…欄干も陶器になっています】


・登り窯を再現

 鍋島藩が献上する品を焼いていた「登り窯」を再現したもので、現在は秋祭りの献上儀式のときに 窯元全員で窯を焚いているそうです。

20180625_134615 【登り窯】


Dsc_0023 【伊万里・有田焼伝統産業会館付近より窯元方向をみる】

Dsc_0022

Dsc_0024

【色々な施設の壁も陶器で飾られています】

Dsc_0025

Dsc_0029

【窯元を見て歩き一周して伊万里鍋島焼会館に戻ってきました】


・鍋島藩窯橋

  陶器をたくさん使ってきれいに飾られています

Dsc_0033 【鍋島藩窯


20180625_135007

Dsc_0045


【歩いた後の一杯です】


Dsc_0032

■ 伊万里 秘窯の里・大川内山 の「風鈴祭り」でした。



sign04sign04sign04sign04sign04

■ 次は 唐津伊万里道路から国道323号を経由して 三瀬峠旧道(国道263号)までドライブ、 途中 九州最大級といわれる「三瀬トンネルのループ橋」がチョットだけみえました
 ※三瀬峠までの距離表示は 三瀬峠の佐賀と福岡の県境までの残り距離です



Mah0205726315463_2 【三瀬峠旧道からループ橋チョット眺望】

・国道323号沿線の風景

   のどかな山里の景色が続きます。 三瀬峠まで約23km付近

Mah0204115112 

Mah0204115111

Mah0204115113

【農産物直売所 あゆの里付近】

・唐津市七山村仁部

   国道323号 三瀬峠まで約22km付近

Mah02042r32315131
【七山仁部付近】



・佐賀県唐津市七山村滝川

   国道323号 三瀬峠まで約21km付近 民家が少なくなってきました

Mah02044r32315151 【鳴神の丘運動公園付近】



唐津市七山村荒川

   国道323号 三瀬峠まで約17km

Mah02045r32315191 【七山村荒川付近】


佐賀市冨士町

   国道323号 三瀬峠まで 約15km付近
   林の中を走る緩やかなカーブが続き 車も少なく走りやすい道です

Mah02046r32315231 【佐賀市に入った直後の各種案内板 】



・佐賀市冨士町

   国道323号から 北天グリーンロード(広域農道)へ 北山大橋から 三瀬峠まで約13km付近

Mah02047r32315265 【北天グリーンロード・北山大橋】

Mah02047r32315262

Mah02047r32315263

【国道323号から左折前】              【左折後の北天グリーンロード】



・佐賀市冨士町

   北天グリーンロード 三瀬峠まで約9km付近

Mah0204815291 【北山トンネル】

Mah0204915301

Mah0204915302

【北山トンネル出たところの風景】

・佐賀市富士町

   北天グリーンロードから国道299号へ左折したところ 緑が多く空気が美味しく思える道です

Mah0205022915311

Mah0205022915314


【21世紀の森 県道299号付近】


・佐賀市冨士町下合瀬

   県道299号 三瀬峠まで約5km付近 道が少し狭くなってきました 

Mah0205022915316

Mah0205122915342

【鎮守の森と泉の里 冨士町の看板】     【県道299号途中狭いところもあります】


Mah0205122915341

Mah0205122915343

Mah0205229926315362 【旬菜舎里山・ 県道299号から国道263号へ左折したところ】


・いよいよ三瀬峠

   佐賀市三瀬村三瀬 峠の県境まで約2.3km付近
  国道263号に沿って右折して三瀬峠旧道へ行きます、直進すると 三瀬トンネルです

Mah0205326315385 【峠とトンネルの分岐点】

Mah0205326315383

【三瀬峠入ったすぐの風景 国道263号】



Mah0205326315384

Mah0205426315411

【三瀬峠途中の風景】



・三瀬峠 県境

   これより福岡県となります この標識の下に 標高581mの表示が設けられていました。

Mah02055581m15421 【三瀬峠の県境ここから福岡県】




・三瀬峠の風景

   福岡県側の風景 早良区の国道263号

Mah02055581m15422

Mah0205626315441

【三瀬峠福岡側の風景】



Mah0205726315461_2

Mah0205726315462




Mah0205726315463

Mah0205726315464

【三瀬峠旧道からループ橋を望む】



・三瀬峠その他の風景

   福岡市早良区側

Mah0205826315501

Mah0205826315503_2


【福岡市早良区曲渕付近】             【はっちょう大橋】

Mah0205726315465

Mah0205726315466




■ 2018.6.25「伊万里焼」風鈴祭りを見て歩いたあとは、九州最大級といわれる「三瀬トンネルループ橋」を下の旧道から見ましたが、ループ橋が 大きすぎるためかよくわかりませんでした。次回走行のチャンスがあればループ橋を走って見たいです。



動画


YouTube: くるま泊の旅・伊万里焼風鈴祭りと三瀬峠ドライブでチョット見えた三瀬ループ橋・佐賀県

Photo

Photo_2

D5

Photo_3

Top

福岡県・宇美八幡宮から水しぶきを上げ力強く動く朝倉三連水車へドライブ


くるま泊で行く日本の風景
Photo_2 

Photo_4



Photo

Photo_2

D5

Photo_3

Top


福岡県「宇美八幡宮」 と 朝倉市「三連水車」
2018.6.15
≪≪末尾に動画を添付しています≫≫
よろしかったらご視聴ください

20180702_132425

Dsc_0028

【宇美八幡宮】                  【朝倉の三連水車】
福岡県粕屋郡宇美町                        福岡県朝倉市菱野


≪宇美八幡宮≫

■ 福岡県糟屋郡宇美町平野部のほぼ中央に鎮座する。先ず神功皇后と應神天皇の母子神をお祀り致し後世に至りて玉依姫命、住吉大神、伊弉諾尊の五柱がお祀りされております。八幡様は殖産文化の祖神として遍く崇敬されておりますが、八幡神御降誕の聖地と伝えられています。

■ 境内には、樹齢二千年以上と推定される、国指定天然記念物「湯蓋(ゆふた)の森」「衣掛(きぬかけ)の森」さらには「子安(こやす)の木[槐]」「子安の石」「産湯(うぶゆ)の水」「胞衣(えな)が浦」が文化財に指定されています。                 宇美八幡宮HPより


sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04

≪朝倉の三連水車≫

■ 筑後川から取水した堀川用水で田畑を潤す三連水車は今でも水しぶきを上げ力強く動いていました。昔から たびたび起こる干ばつに苦しめられていた 人々は「堀川用水」を完成させ、その後 水田面積の増加に伴い「堀川用水」のたびたびの増強が行われました。

■ しかし 山側の農地には堀川用水を送ることができませんでした、そこで考案されたのが この水車、堀川用水を高所から流す事により山側の農地に水を流す事ができるようになりました。約二百五十年前の江戸時代の人々が作り上げた水車は、現在も朝倉の田畑を潤しています。

■ 現在の水車群は、菱野(ひしの)水車の三連水車が一基、三島(みしま)水車、久重(ひさしげ)水車と呼ばれる二連水車が二基稼働しています。三連水車一基で毎分6トンの用水があるそうです。




★ 宇美八幡宮に参拝して 天然記念物の森や福岡県指定文化財の「子安の木」を見学。
そのあとは 全国でも珍しく他に例がないといわれる、朝倉の三連水車が水しぶきを上げ田畑を潤す姿を堪能。


・宇美八幡宮最初に位置する鳥居 「昭和の鳥居」

20180702_132354_hdr 【昭和の鳥居の前面は車道のためこのような写真になりました(。-人-。) ゴメンナサイ】



・「昭和の鳥居」の右側に位置する「応神天皇御降誕地の碑」

20180702_132409 【応神天皇御降誕地の碑】


・昭和の鳥居をくぐった右側に位置する「御由緒」

20180702_132434 【御由緒】


・昭和の鳥居の次に位置する「元禄の鳥居」

20180702_132356 【元禄の鳥居】


・元禄の鳥居の次に位置する「注連縄掛石」

20180702_132448 【注連縄掛石】


・注連縄掛石くぐった右側に位置する「手水舎」

20180702_132540 【手水車】


・注連縄掛石をくぐった先に位置する「神門」

20180702_132535_hdr_2 【神門】


・神門の正面に位置する「社殿(本殿・幣殿・拝殿)」

20180702_132621 【社殿】


・社殿の奥の右側に位置する「聖母宮」
  今から約600年前の室町末期の作と伝えられています。聖母宮御神像が奉安されており、「二十五年に一度」御開帳の神事が斎行されています。

20180702_133513 【聖母宮】


・社殿奥の左側に位置する「湯方社」
  皇室の御崇敬も篤く、古来より安産及び小児成長の守護神として広く信仰されています。12月14日の湯方神社祭には、多くの助産師が参列し、祭典が奉仕されています。

20180702_133036 【湯方社】


・湯方社の右側に位置する「聖母子像」と「子安の石」
  境内末社「湯方社」を囲むように、玉垣を築きこぶし位の石が山ほど積まれています。この「子安の石」の信仰はいつ頃始まったかは定かではありませんが、「筑前國続風土記」には記されております。

20180702_133111 【右側の「聖母子像」と左側の「子安の石」】


・湯方社の左側に位置する「子安の石」

20180702_133058

【左側の子安の石と由来の碑】


・社殿の右側に位置する「湯蓋の森」
  「湯蓋の森」は素晴らしい老大樟で、「衣掛の森」とともに当宮のシンボルである御神木です。 社殿に向かって右側にある老樹で、様々な人生儀礼を今日まで見守ってきた巨樹は、樹齢二千年以上とも推定されています。

20180702_133629

【湯蓋の森】


・湯方社の左側に位置する「衣掛の森」

20180702_133049 【衣掛の森】


・衣掛の森の左側に位置する「産湯の水」
  境内北隅にあり、「應神天皇御降誕の時、此の水を産湯に用い給いしより今に至るまで妊婦拝受して安産を祈る。」と伝えられています。

20180702_133333 【産湯の水】


・社殿の左側に位置する「子安の木(えんじゅ)」

20180702_132944 【子安の木】


★ その他
  宇美神楽 : 県の無形民俗文化財
 宇美神楽は藩政の頃より伝わり神楽専任の神職がお祭りごとに奉仕しておりました事が記録されています。時代の推移で一時中断しておりましたが、明治34年の春、神楽座の再興をいたしました。                      ※宇美八幡宮のHPより引用させていただきました。 



sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04
朝倉の三連水車が水しぶきを上げ田畑を潤す姿を堪能。



・三連水車は 全国的に珍しく他に例がないといわれています。後ろは耳納連山。

Dsc_0029 【三連水車 奥から大中小】



・堀川用水の風景・・・三連水車の上流側より見たところ

Dsc_0013 【堀川用水と三連水車】


Dsc_0015

Dsc_0020








【堀川用水】                    【三連水車 最大水車のアップ】 


・大径水車と中径水車が揚水した水は、中央の水槽に入り水路により山間部の田畑へ運ばれます。

Dsc_0021 【三連水車(大、中)の揚水の状況】

Dsc_0025

Dsc_0024








【大径水車と石積の水槽】              【大、中径水車と石積の水槽】


・小径水車が揚水した水は、小型の水槽に入り水路により山間部の田畑へ導入されます。

Dsc_0027 【小径水車用の小型石積水槽】


Dsc_0028_2

Dsc_0035








【手前より小、中、大径水車】            【水車から見る堀川上流側】


・三連水車(菱野水車)周辺のその他のスナップ写真

Dsc_0004

Dsc_0042








【三連水車の里あさくら西側駐車場】


Dsc_0044

Dsc_0043








【「三連水車の里あさくら」正面より】



動画

 YouTube: くるま泊の旅・宇美八幡宮の天然記念物と朝倉三連水車の水しぶきを上げ働く雄姿・福岡県ドライブ

Photo

Photo_2

D5

Photo_3

Top

くるま泊の旅・えびのループ橋 と人吉ループ橋を走って球磨川沿いを人吉街道で道の駅坂本までドライブ(国道219号)熊本県


くるま泊で行く日本の風景
Photo_2 

Photo_4



Photo

D5

Photo_3

Top


球磨川の風景を見ながら人吉街道で道の駅坂本へ
2018.6.18
≪≪末尾に動画を添付しています≫≫
よろしかったらご視聴ください



Mah0200610337 【人吉ループ橋】



《えびの・人吉ループ橋・人吉街道》

■ ループ橋:宮崎県えびの市 ~ 熊本県人吉市を 結ぶ国道221号線に設けられ 宮崎側を「えびのループ橋」熊本側を「人吉ループ橋」と呼ぶ、それぞれのループ橋は 加久藤峠を貫く「加久藤トンネル」で結ばれています。

■ 標高差は えびのループ橋75m(半径150mから400mの橋6本とトンネル3本で構成) 人吉ループ橋55m(95mから140mの橋3本で構成)、加久藤トンネル長さ1809m これらを総称して「加久藤ループ橋」と呼ばれています。

■ 人吉街道:八代(熊本)から 日本三大急流のひとつ球磨川沿いに人吉を通って鹿児島に至る道。今回は 人吉から球磨川沿いに八代市坂本町の「道の駅坂本」までの国道219号線を移動したときの「球磨川の風景」です。




★ ルート図

 




★ 2018.6.18 10:30発 宮崎県えびの市(国道221号) ~ 熊本県人吉市(国道219号) ~ 熊本県八代市「道の駅 坂本」12:00着
 ・えびのループ橋は 高速道路からきれいなループが見えることで知られていますが 実際に走行して見ると ループ橋からの雄大な風景が何とも言えません ただ ループ橋を走っているとは分かり難い。

Mah020044 【えびのループ橋からの車窓の風景】


Mah020048_2

Mah020031








Mah02002mp41

Mah020041









Mah020042

Mah020043

Mah020046

Mah020047







【えびのループ橋(その他)】


★ えびのループ橋から加久藤トンネル(長さ1808m、標高564m)を抜けると「人吉ループ橋」です。 大きな橋脚が目に飛び込んできます ループ橋の大きさが想像できます。

Mah0200522110311

Mah0200610334








【宮崎県から熊本県に入りました】          【人吉ループ橋①始まり付近】


Mah0200610335 【人吉ループ橋②】

Mah0200610336 【人吉ループ橋③】

Mah0200610331

Mah0200610333








【人吉ループ橋④⑤】

★ 人吉ループ橋から国道221号にて人吉市へ

Mah0200610332

Mah0200610338_2



【人吉市までの途中の風景】

★ 人吉市から球磨川沿いを国道219号にて道の駅坂本へ移動
  ・人吉市から球磨村役場までの風景

Mah0200721911163 【球磨川沿いを球磨村役場途中の風景①】

Mah0200721911164 【球磨川沿いを球磨村役場途中の風景②】

Mah0200721911161

Mah0200721911165








Mah0200721911162

Mah0200721911167







【球磨川沿いを球磨村役場途中の風景③~⑥】


★ 人吉市から球磨川沿いを国道219号にて道の駅坂本へ移動
  ・球泉洞付近(熊本県球磨郡球磨村大瀬) ~ 瀬戸石ダム(球磨郡球磨村神瀬)の風景

Mah0200821911211 【球泉洞トンネル付近】

Mah0200921911251

Mah0200821911212








【球泉洞前】


Mah0201021911301 【国道219号(人吉街道)国名勝神瀬石灰洞窟付近①】


Mah0201021911303 【国道219号(人吉街道)国名勝神瀬石灰洞窟付近①】


Mah0201221911371 【瀬戸石ダム湖 肥薩線海路駅付近 (球磨郡球磨村)①】


Mah0201221911373 【瀬戸石ダム湖 肥薩線海路駅付近 (球磨郡球磨村)②】

Mah0201221911374

Mah0201221911372








【瀬戸石ダム湖 肥薩線海路駅付近 (球磨郡球磨村)③④】


・瀬戸石ダム付近の風景
  瀬戸石ダムは電源開発(株)が所有する発電専用の重力式コンクリートダム。また自然にやさしいダムとして全長430mの 魚道 が設置されています。

Mah0201311402 【瀬戸石ダムの風景①】

Mah0201311404 【瀬戸石ダムの風景②下流側】


Mah0201311403

Mah0201311401_2








【瀬戸石ダムその他の風景】


・瀬戸石ダム(球磨郡) から 上松求麻郵便局(熊本県八代市坂本町)までの風景

Mah0201411431 【肥薩線瀬戸石駅付近 球磨郡球磨村】


Mah0201521911451 【人吉街道 国道219号】


Mah0201611461 【かませ橋 熊本県八代市坂本町】


・鎌瀬橋(かませ橋)から道の駅坂本までの風景
  (肥薩線 鎌瀬駅 ~ 葉木駅 ~ 道の駅坂本)

Mah0201721911482 【八代市坂本町付近の風景①】

Mah0201721911486 【八代市坂本町付近の風景②】

Mah0201721911489 【八代市坂本町付近の風景③】

Mah0201721911481

Mah0201721911483








Mah0201721911484

Mah0201721911487








【八代市坂本町付近の風景④~⑦】


★ 道の駅 坂本到着(熊本県八代市坂本町荒瀬)

20180618_120756_hdr 【道の駅坂本の風景】


20180618_120750 【さかもと案内マップ】


20180618_120607 【道の駅周辺の風景①】


20180618_120644 【道の駅周辺んの風景②】


20180618_120629

20180618_111317

20180618_120638

Mah0201721911485








動画


YouTube: くるま泊の旅・えびのループと人吉ループ橋を走って球磨川沿線を「道の駅坂本」までドライブ・宮崎・熊本・車中泊

Photo

Photo_2

D5

Photo_3

Top

長崎平戸・生月島サンセットウェイ・夕日には早すぎた東シナ海と草原と山側のそそり立つ断崖の道


くるま泊で行く日本の風景
Photo_2 

Photo_4

Photo

D5

Photo_3

Top




生月サンセットウェイ・夕日には早すぎた東シナ海と草原と山と断崖の道
2018.6.15
≪≪末尾に動画を添付しています≫≫
よろしかったらご視聴ください

Mah0196814473
【生月サンセットウェイ】




≪≪生月サンセットウェイ≫≫

★ 所在地は 九州 長崎県平戸市の「平戸島」北西側に位置する「生月島(いきつきしま)」この島の 西海岸の「生月農免農道」『生月サンセットウェイ』と呼びます。東シナ海の大海原と山側のそそり立つ断崖の雄大な景色を同時に見ながらの絶好のドライブルートです

★ 「生月島」の名前の由来は帰国する船人が この島を見つけた時に 無事に帰ってこられたと安心してホッと息をついたことから といわれています。「生月大橋」ができるまでは フェリーで行き来していました。

★ この島の西海岸沿いを走る約10kmの道路が「生月サンセットウェイ」、展望のよい 爽快な道で夕日の観光スポットにもなっています。 日本の自動車メーカー数社が CMロケ地に使っていることで有名です。




■生月サンセットウェイ 走行ルート

■ 2018.6.18 生月島 北端の大バエ灯台と塩俵の断崖を眺望 後「生月サンセットウェイ」にて生月大橋まで移動しました。15時頃走ったため夕日にはチョットはやく、曇り空で絶景とまではいきませんでしたが 東シナ海の大海原、そびえ立つ断崖、ワインディングロード と放牧風景を見ながらのドライブを堪能しました。

・大バエ灯台から「生月農免農道」入口までの風景

Dsc_0225 【大バエ灯台】

Mah0196714401

Mah0196714403


【大バエ灯台駐車場・(上の駐車場が近いです)】          【途中の風景】

Mah0196714404 【前方は北東部の東岸にある御崎漁港】


■ 生月農免農道(生月町壱部付近)


  ・県道42号から右折して日本の車会社のCMロケで有名な「生月農免農道」に入ります

Mah0196814471
【県道42号から 生月農免農道分岐地点】




Mah0196814473_2
【生月農免農道①】


Mah0196814474

Mah0196814476




【途中の風景①】


Mah0196814477_2
【生月農免農道②】


Mah0196814478
【生月農免農道③】


Mah01968144710
【生月農免農道④】


Mah0196814479

Mah01968144712







【途中の風景②】


Mah01968144714
【生月農免農道⑤】


Mah01968144715

Mah01968144718








【途中の風景③】


Mah01968144716
【生月農免農道⑥】


Mah01968144720
【生月農免農道⑦】


Mah01968144719

Mah01968144722



Mah01968144723

Mah01968144724








【途中の風景④】


Mah01968144725
【生月農免農道⑧】


Mah01968144726

Mah01968144727









Mah01968144728

Mah01968144729







【途中の風景⑤】


Mah01968144730
【生月農免農道⑨】


Mah01968144733
【生月農免農道から スカイブルーの生月大橋(小さく見えます)】


Mah0196915001

Mah0196915002








【生月大橋付近】


■ スカイブルーのきれいな「生月大橋」

 ・橋の下(生月島 側)に「道の駅生月大橋」がありここからの橋の風景が見ごたえがありました。

Mah0196915003
【生月大橋①】


Mah0196915004
【生月大橋②】


Mah0196915005
【生月大橋③】


Mah0196915006
【生月大橋④】



Dsc_0199
【生月大橋⑥ 道の駅生月大橋からの眺望】

動画


  YouTube: 長崎県平戸市生月島・生月サンセットウェイ西海岸農免農道ドライブ・くるま泊の旅



Photo

D5Photo_3

Top

平戸・大バエ灯台の目がくらむ絶壁と塩俵の断崖へ生月大橋を渡って・長崎・くるま泊の旅


くるま泊で行く日本の風景
Photo_2

Photo_4

Photo

Photo_2

D5

Photo_3

Top


青い「生月大橋」を渡って大バエ灯台の目がくらむ断崖眺望
2018.6.15
≪≪末尾に動画を添付しています≫≫
≪≪よろしかったらご視聴お願いします≫≫

Dsc_0216 【塩俵の石柱節理の断崖】


≪平戸 生月島≫

★ 「平戸」は九州の西側長崎県の北側にあり赤い平戸大橋を渡ったところに位置します(橋で結ばれた日本最西端の宮之浦町があります)、さらに平戸の北側 青い生月大橋を渡ると「生月島」(いきつきしま)に入りさらに北端の大バエ灯台を目指すと途中「塩俵の断崖」があります。

★ 塩俵断崖(しおだわら):雄大な柱状節理の断崖が南北に500m、海岸からの高さ20mもある見事な景観は長崎県新観光百選にも選ばれています。付近には「塩俵いこいの広場」展望台が有ります。

★ 大バエ灯台:生月島の最北端の約80mの断崖の上に立つ白亜の灯台、灯台のらせん階段上部からは 条件が良ければ 水平線の彼方に壱岐・対馬まで見渡すことができる 360度の眺望が楽しめる景色は素晴らしいのひとこと。



■ 2018.6.15 平戸島の長崎県道19号を生月島方向へ途中から県道42号に入って 13時頃 青い「生月大橋」を渡り 橋の下にある 「道の駅生月」にて休憩、時々降っていた雨も止み13時半出発「塩俵の断崖」の柱状節理の断崖を眺望後 14時過ぎ「大バエ灯台」到着 。


Mah019621913321 【遠くに青い生月大橋・平戸市主師町付近の県道19号線】


Mah019611913291

Mah019621913322

Mah019621913323

Mah019621913326

【生月大橋手前の 平戸市主師町付近の県道19号線】


■ 道の駅生月大橋にて休憩します。爽やかな青色の「生月大橋」がきれいです。
  ・生月大橋=全長:960m  髙さ:31m  型式:3径間連続曲弦下路鋼トラス橋
   1991年7月一般有料道路として運用開始(2010年4月無料化へ)

Mah019621913329 【生月大橋】


Mah0196219133211 【生月大橋中間地点】


Mah0196219133215 【道の駅生月大橋 入口付近】


Dsc_0199 【道の駅から見る 生月大橋】


Dsc_0198

Dsc_0200

Dsc_0202

Dsc_0203_2

【道の駅生月大橋から見る風景】

■ 県道42号を走って「塩俵の断崖」を目指します。
  ・塩俵の断崖はこんなところです。

Dsc_0214 【塩俵断崖・塩俵いこいの広場からの眺望】


Mah019654214041

Mah019654214042

Mah019654214044

Mah019654214045

【塩俵の断崖途中の 生月町壱部付近の風景県道45号】


■ 塩俵の断崖到着
 ・駐車場の左側にいこいの広場、右側方向に「塩俵の断崖」周辺は爽やかな風が吹いていました。高さ約20mの柱状節理の断崖絶壁は壮大です。

Mah019654214046_2

Dsc_0208

【駐車場から塩俵いこいの広場】      【駐車場から塩俵の断崖方向】


Dsc_0210 【塩俵の断崖の風景①】


Dsc_0213 【塩俵の断崖の風景②】


Dsc_0218 【塩俵の断崖の風景③】


Dsc_0206

Dsc_0207

Dsc_0209

Dsc_0211

Dsc_0217

Dsc_0218_2

【塩俵の断崖 その他の風景】

■ 次に約3km先の「大バエ灯台」を目指します。
  ・大バエ灯台はこんなところです。

Dsc_0225 【大バエ灯台全景】


Mah0196614133

Mah0196614134

Mah0196614137

Mah0196614139

【県道42号線大バエ灯台までの風景】

■ 「大バエ灯台」上の駐車場に到着しました。(下の駐車場は遊歩道を歩いて灯台へとなります)
  ・灯台周辺はものすごい断崖絶壁です・・・写真で上手く表現できませんゴメンナサイ

Dsc_0222

【駐車場から灯台途中の風景】



Dsc_0221

Dsc_0223

【灯台へ徒歩で移動中の風景】

Dsc_0224 【大バエ灯台が見えてきました】


Dsc_0231 【灯台下の風景】


Dsc_0233 【灯台より北東方向 中央の磯は大バエ鼻 その先は鯨島 その後方は的山大島】


Dsc_0247_2 【写真①】【灯台より南側方向 先ほど走って来た県道45号】


Dsc_0242

【上の写真①の右側部分 灯台より南西方向】


Dsc_0246 【鞍馬鼻方向 灯台より南東方向】


Dsc_0243 【写真①の180度反対方向 北方向】


■ 上の写真の左側に下を見下ろせる個所を発見

   ★早速のぞいてみました ⇒ ⇒ ⇒ うわ ~ うぉ ~ typhoon目が回るtyphoon
      danger 不用意に覗かないように!
            danger 顔だけを出して覗くように!
                  danger 石の上に乗って覗かないように! 
                        danger バランスを崩したら落ちます!

Dsc_0237 【80m下の海面が真下に】

Dsc_0240

Dsc_0239

Dsc_0238

【覗きの石段から80m下の波打ちぎわ】

■ 大バエ灯台周辺 その他の写真

Dsc_0228

Dsc_0229

Dsc_0232

Dsc_0235_2

Dsc_0233_2

Dsc_0234_2

Dsc_0241_2

Dsc_0251



≪≪ 動画 ≫≫


YouTube: 平戸【大バエ灯台】の大パノラマと目がくらむ絶壁【塩俵断崖】へ生月大橋を渡って・長崎・くるま泊の旅

 

Photo

Photo_2

D5

Photo_3

Top

霧島神宮・坂本龍馬と おりょうさんも参拝したパワースポット・鹿児島県

くるま泊で行く日本の風景
Photo_2

Photo_4


Photo

Photo_2

D5

Photo_3

Top



霧島神宮・坂本龍馬と おりょうさんも参拝したパワースポット
2018.6.18 rain
≪≪末尾に動画を添付しています≫≫

20180618_084548 【霧島神宮 正面より】



≪霧島神宮≫

★「天孫降臨の地・霧島 神々の息吹きが聞こえる郷」霧島神宮は 天照大神の孫の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を祀った神社で 元は高千穂峰の山頂近くにあったが 度々の火山の噴火で500年前にこの地に再興され 現在の社殿は島津氏第21代当主島津吉貴が成徳5年(1715年)に建立・寄進。

★日本で最初の新婚旅行。寺田や事件で傷を負った坂本龍馬は妻のお龍と共には霧島に湯治療養に訪れました。これが日本で最初の新婚旅行といわれています。龍馬とお龍は高千穂の峰に登ったあと 霧島神宮に参拝に訪れたといわれています

★本殿には 豪華絢爛な彫刻が施され 国の重要文化財に指定されています。境内は四季折々の花や紅葉がきれいのようです。桜は3月下旬から4月上旬、ミヤマキリシマは6月下旬、紅葉は11月下旬が見ごろのようです。



■ 「道の駅ゆ~ぱるじいな」を朝7時半過ぎに出発 天気は 夜から降り出した雨はいまだにしとしと降っています。国道223号線を走行し 8時30分頃「霧島神宮」到着 しました。

 ・国道223号線 右側の林の先には 宮崎県都城市と高原町の境界に位置する 直径約1kmの火口湖の御池(みいけ)があります。

Mah019818172 【宮崎県西諸県郡高原町 付近の国道223号線】

Mah019757531

Mah019808161



Mah019818171_2

Mah019818173_2

【道の駅ゆ~ぱるじいな と国道223号 御池付近の風景】




■ 霧島神宮まで約3km地点 付近の風景
  Mah019878322 【霧島神宮 右折 国道223号】


Mah019878323

Mah019878327













■ 国道223号より霧島神宮駐車場途中の風景です 
 ・鹿児島県霧島市に位置する 霧島神宮は 霊峰 高千穂峰の麓にあり神々の息吹きが聞こえてくるといわれる 近づくにつれ 木々も神秘的に見えてきます まさにパワースポットといわれるだけ あります。

Mah0198783210


Mah0198783213 【霧島神宮駐車場入口】


20180618_083755_hdr

20180618_083810_hdr










【駐車場の風景】


■ ■  霧島神社参拝に行きます ■ ■

20180618_084238 【霧島神宮入口の階段から本殿を見る】


20180618_085258_hdr

20180618_084329








【参道途中のさざれ石などの風景】


20180618_084421 【あめで光った石たたみが神秘的に感じます】


20180618_084519 【朱塗りのきれいな霧島神宮の拝殿です 西の日光ともよばれているそうです】


20180618_084548 【さらに近づいた霧島神宮の拝殿】


20180618_084628 【霧島神宮の拝殿を正面より】


20180618_084641 【豪華絢爛な装飾が上部に見えます 内部にも豪華な極彩色の浮彫をした装飾があるそうです】


20180618_084754 【大きな菊の御門が入った賽銭箱と奥では巫女さんが登廊下を掃除しています】


20180618_084558 【神札授与所】


20180618_084608 【手水舎 龍の口から清らかな水が出ています】


20180618_084812 【拝殿から見た境内】


20180618_084816

20180618_084827








【その他境内の風景】


20180618_084951 【参道から入口方向をみる】


20180618_084020

20180618_083927








【その他の風景】


≪≪動画≫≫


YouTube: 霧島神宮パワースポット天孫降臨の地坂本龍馬とお龍も参拝した鹿児島くるま泊の旅



Photo

Photo_2

D5

Photo_3

Top

長崎平戸・川内峠から見る平戸島の大パノラマと深紅の平戸大橋


くるま泊で行く日本の風景
Photo_2

Photo_4

 

Photo

Photo_2

D5

Photo_3

Top


川内峠から見る平戸島の大パノラマと深紅の平戸大橋
2018.6.15  cloud くもり
≪≪末尾に動画を添付しています≫≫

20180615_124839_hdr 【小高い丘よりビジターセンターを望む】




≪川内峠(かわちとうげ)≫

★とうげの頂上に大草原が広がり 小高い丘からの眺望は360度の眺望が開け素晴らしい。南東には九十九島、北には玄界灘、天気の良い日には壱岐対馬が 望める。

★平戸大橋から左折し国道383号に沿って約2.5kmを右折後案内表示に沿って約2.0km前半は林の中を通る道、眺望はけして良くないが急に眺望が開けたところに 川内峠のビジターセンターが出てくる、ここに車を停め小高い丘に登ると絶景が待っている。この先にも駐車場がある。

★眺望が良いのは峠の頂上付近でそのほかは林の中を走ることが多く眺望はあまり良くない。ビジターセンター前の大草原には歌人の吉井勇が川内峠に立って詠んだ歌碑や大渡長者ゆかりの「塩上げ石」がある。



・平戸大橋から川内峠ビジターセンターまでの風景
  国道383号から町道を走って約5.5kmでビジターセンターへ、途中林の中を走るため眺望は  あまり良くない。

Mah0195512283 【平戸大橋中間地点の風景】


Mah0195512284 【平戸大橋中間地点②】



20180615_121442_2

20180615_121515









【平戸大橋の遠景 平戸市田平町のフェリー乗り場】



Mah01956r38312301 【平戸市岩の上大橋国道383号】


Mah0195812332

Mah0195812333_2

【国道383号から町道にて川内峠へ①②】



Mah0195812334

Mah0195812337








【町道にて川内峠へ③④】


・川内峠到着 ビジターセンター前の草原を通って小高い丘より 九十九島や玄界灘を眺望しようと思います。


Mah0195812338 【川内峠 ビジターセンター前駐車場】


Mah019591913171 【ビジターセンター】


20180615_123846 【草原より小高い丘】


20180615_123923_hdr 【ビジターセンター前の草原(吉井勇の歌碑)】


20180615_124207 【小高い丘へ続く道】


20180615_124327_hdr

20180615_124502_hdr








【小高い丘への途中の道】


20180615_124839_hdr 【丘の上より駐車場方向】


20180615_124829 【古江湾方向 この先は玄界灘①】


20180615_124825_hdr 【写真①より半時計(左側)方向②】


20180615_124820_hdr 【写真①より半時計(左側)方向③】


20180615_124809 【写真①より半時計(左側)方向④】


20180615_125627 【写真①より半時計(左側)方向⑤】


20180615_125510 【写真①より半時計(左側)方向⑥】


20180615_124805

20180615_125015










20180615_124953

20180615_124957



【丘の上の風景】

20180615_125043 【頂上の風景①】


20180615_125130 【頂上の風景②】


20180615_125208 【頂上の風景③】


20180615_125239 【頂上の風景④】


20180615_130521

Dsc_0196









20180615_123748_hdr

20180615_124038









【その他の風景】


20180615_115518_hdr

20180615_121433








20180615_114738

20180615_114945_hdr








【漁港のレストランでランチ】


20180615_130203 


20180615_123714_hdr

20180615_123651_hdr











≪≪ 動画 ≫≫


YouTube: くるま泊の旅・平戸・川内峠の大パノラマ・深紅の平戸大橋を渡って平戸島へ・長崎県



Photo

Photo_2

D5

Photo_3

Top

四国カルスト天空の絶景・国道439号から近道をした県道48号が大変な険道だった

くるま泊で行く日本の風景
Photo_2
ブログトップへ
Photo_4

Photo

Photo_2

D5

Photo_3





Top


四国カルスト天空の絶景近道をした県道48号が険道だったが景色は最高
徳島県(道の駅大歩危)から国道439号を走り県道48号にて天狗高原・四国カルストへ
2017.12.3
≪≪末尾に動画を添付しています≫≫

Mah016514838322 【標高1400m天空の四国カルストから太平洋方向の山々】

Photo_2




≪四国カルスト≫
「福岡県の平尾台」や「山口の秋吉台」に並ぶ日本三大カルストのひとつで、夏はドライブやツーリング、キャンプに人気の場所です。標高が1400mと三つの内で最も高い場所にあり、夏でも気温が低く春から秋にかけては多くの人が訪れるます。尚 冬季は積雪のためオフシーズンです。

≪国道439号≫
国道⇒(酷道)として有名のようです、徳島県の「道の駅大歩危」から前半の高知県吾川郡の「太郎田集会所」までは二車線で出来立ての快適な道が この先一転離合もままならない道幅一車線と二車線が交互に出てくる 運転に気の使う道となります。県道48号まで約10kmです。


≪とんでもない高知県道48号線≫
国道439号線がら 右折して県道48号線に入ると 一車線に加え 厳しいカーブが8kmも続く過酷な道です。たたひたすら坂道を上り続け 時折見える秋の里山の風景や遠くに見える山脈の風景に心を癒されながら標高1400mの【四国カルスト】に「たどり着きました。





・国道32号線 ~ 439号沿線の風景

   「道の駅大歩危」から「太郎田集会所」まで
   太郎田集会所付近の439号線では道幅が 1.0~1.5車線と非常に狭くなります

Mah016461r32

【国道32号 高知県長岡郡大豊町付近】



・国道ですが 道幅が1車線のところがあります。景色は私の好きな風景です。
  道幅が急に狭くなり、急カーブあり、急坂ありこのような国道を酷道と言うのでしょうね!

Mah016484391 【国道439号津野町付近①】


Mah016484392

Mah016484393

【国道439号津野町付近②③】 

  

Mah016484394

Mah016484395

【高知県吾川郡仁淀川町 矢筈トンネル】

・県道48号線 ~ 天狗高原沿線の風景


「国道439号から県道48号分岐地点」から「天狗高原 天狗荘」
  天狗荘までは 道幅が1~1.5車線と狭くカーブもきつく 上り道が延々と約8km続く道です
 秋の山里の風景が必死に運転している私の心を癒します。

Mah01649481 【県道48号津野町芳生野乙付近①】

・里山の田畑の中をぬうように県道(険道)が通っています。狭い急坂急カーブ と観光道路でなく地域の方の生活道路のようです。ただ 何度も言うようですが 景色はいいですね

Mah01649482 【県道48号津野町芳生野乙付近②】

・時々 視界が開け遠くには四国の山々の風景が

Mah01649484 【県道48号津野町芳生野乙付近③】

Mah01649485

Mah01649483

【県道48号津野町芳生野乙付近④⑤】

Mah01650483

Mah01650481

【左折 天狗高原の表示】               【県道48号の表示】

Mah01650484 【県道48号 高知県高岡郡津野町芳生野乙付近①】

Mah01650485 【県道48号 高知県高岡郡津野町芳生野乙付近②】

Mah01651483831 【県道48号から天狗高原付近①】

Mah01651483832

Mah01651483833

【県道48号から天狗高原付近②③】

Mah01651483834

Mah01651483835

【県道48号から天狗高原付近④⑤】

Mah01651483836

Mah01651483838

【県道48号から天狗高原付近⑥⑦】

Mah016514838310

Mah01651483839

【県道48号から天狗高原付近⑧⑨】

Mah016514838311 【天狗荘】

・四国カルストの風景

  県道383号 天狗荘~天狗高原を通って四国カルストから姫鶴平へ
   標高1400mからの360度の大草原の中に点在する石灰石群落さらに遠くには四国の山々の
   眺望が絶景でした。

Mah016514838312

Mah016514838313

【天狗高原~四国カルスト①②】

Mah016514838314

Mah016514838316

【天狗高原~四国カルスト③④】



Mah016514838315 【天狗高原~四国カルスト⑤】

Mah016514838318 【天狗高原~四国カルスト⑥】



Mah016514838319 【天狗高原~四国カルスト⑦】



Mah016514838320 【天狗高原~四国カルスト⑧】


・天空の道を走ると 周辺の山々が眼下に見えます。

Mah016514838324 【天狗高原~四国カルスト⑨】

Mah016514838317

Mah016514838319_2

【天狗高原~四国カルスト⑩⑪】

Mah016514838321

Mah016514838322

【天狗高原~四国カルスト⑫⑬】



・姫鶴平(めづるだいら)四国カルストのほぼ中央に位置し宿泊施設、コテージ、キャンプ場などの設備があります。晴れた日には太平洋まで見えるようです、また 夜は満点の星空が絶景だそうです。

Mah0165238310 【姫鶴荘前の風景】

Mah016523832

Mah016523833

【姫鶴平の風景①②】

Mah016523835

Mah016523834

【姫鶴平の風景③④】



・姫鶴平は見渡す限り広がる牧草地、春から秋まで牛の放牧がおこなわれ、風力発電の風車がのどかな風景に彩を添えます。

Mah016523834_2 【姫鶴平の風景⑤】

Mah016523838

Mah016523839

【姫鶴平の風景⑥⑦】

Mah0165238311

Mah0165238312

【姫鶴平の風景⑧⑨】



Mah0165238313 【姫鶴平の風景⑩】

≪≪動画≫≫


YouTube: くるま泊の旅・四国カルスト天空の絶景・近道をした県道48号が険道だった

Photo

Photo_2

D5

Photo_3






Top

諫早湾横断・雲仙多良シーライン(諫早湾干拓堤防道路)のドライブ・長崎県・くるま泊の旅

くるま泊で行く日本の風景
Photo_2
ブログトップへPhoto_4

Photo

D5Photo_3Top




 雲仙多良シーラインのドライブ
≪諫早湾干拓堤防道路≫
2018.5.11 sun

≪≪末尾に動画を添付しています≫≫

Mah0188815237 ≪南側の水門・左側はせき止められた諫早市側の海≫




★雲仙太良シーライン 諫早湾を貫く約8kmの直線道路「諫早湾干拓堤防道路」干拓事業で作られた堤防の上に片側1車線の道路が作られています。諫早市を迂回するルートとなります。有明海側は 土手で見えず 諫早市側はずーと海が見えます。

★ 諫早湾干拓堤防道路は「雲仙太良シーライン」とも呼ばれ中央にはドライブの休憩のための休憩所や展望用の陸橋が設けられています。また道路には歩道が設置されジョギングもできるそうです。

★諫早湾干拓堤防道路は 海上に作られているため強風、高潮、大雨 等の影響を受け通行規制が行われることがあるようです。現在水門は北側と南側の両端に見ることができます。




・県道131号を走って広域農道から国道251号で雲仙多良シーラインへ

■雲仙仁田峠のミヤマキリシマ眺望後 道の駅太良を目指し長崎県雲仙市の広域農道走行、雲仙太良シーラインまでは 田畑が広がり時々右側に諫早湾が見えかくれしていました。

Mah0188615151_2 ≪長崎県雲仙市の広域農道≫

Mah0188615152

Mah0188615153

≪広域農道の風景≫




・雲仙多良シーライン(諫早湾干拓堤防道路)雲仙側から走行


 中央にはドライブの休憩のための休憩所や展望用の陸橋が設けられています。また道路には歩道が設置されジョギングもできるそうです。

■ 諫早湾の堤防が締められるときテレビニュースで 次々に落とされる防潮堤の映像を思い出しましたが その上に道路が作られているとは今回初めて知りました。

 Mah0188815231_2 ≪雲仙多良シーライン 雲仙側の風景≫



Mah0188815232_2 ≪雲仙側の水門≫



Mah0188815233 ≪雲仙側水門過ぎの風景≫




・雲仙多良シーライン中間地点の休憩所 有明海(右側)と諫早新地(左側)を望める展望歩道やトイレなどが設置されています。 うっかり通り過ぎました。ザンネン!

Mah0188815234 ≪雲仙太良シーサイド中間地点の休憩所と展望歩道≫



Mah0188815235 ≪中間地点の休憩所過ぎの風景≫



Mah0188815236 ≪多良岳側(北側)の水門≫



・国道207号から佐賀県藤津郡太良町海岸沿いを通って道の駅太良へ

■ 国道207号から右側の対岸を見ると島原半島の中央に普賢岳がそびえ 平成新山も見ることができました。 下記写真には写っていませんが 右側に普賢岳が見えます。

Mah0188920715381 ≪国道207号線≫




・フルーツバス停

■ SNSで有名な長崎県のフルーツバス停(諫早市 小長井町)
  雲仙多良シーラインから国道207号線沿いに突然現れ慌ててカメラを回しました。

Mah0188920715383

Mah0188920715384


メロンバス停                    イチゴバス停

Mah0189015401

Mah0189115422


オレンジバス停                   スイカバス停

 


 ・「月の引力が見える町太良町」佐賀県藤津郡太良町の海岸沿いの風景

  有明海は潮の干満差が日本一 中でも太良町沖の干満差は一番大きく最大6mにもなるそうです、この現象から「月の引力が見える町太良町」のキャッチフレーズがあります。

Mah0189215472 ≪国道207号太良町有明海を望むシーサイドライン①≫



Mah0189315522 ≪太良町有明海を望むシーサイドライン②≫



Mah0189315523 ≪太良町有明海を望むシーサイドライン③≫




・道の駅太良

  たらカキ焼街道と言われる国道207号沿いにあり海の幸、山の幸などを販売する 特産品販売所や地元の食材が堪能できる食事処などがあります。また 敷地内にある展望台からは有明海や雲仙岳が良く見えます。

Mah0189516081 ≪道の駅太良の展望台≫



Mah0189516082 ≪道の駅太良≫



動画
雲仙多良シーライン(諫早湾干拓堤防道路)諫早湾横断から太良海岸のドライブ・長崎・佐賀・くるま泊の旅
YouTube: 雲仙多良シーライン(諫早湾干拓堤防道路)諫早湾横断から太良海岸のドライブ・長崎・佐賀・くるま泊の旅 

 

Photo

D5Photo_3Top

熊本県「菊池阿蘇スカイライン」ドライブと大観峰からの阿蘇五岳眺望

くるま泊で行く日本の風景
Photo_2
ブログトップへPhoto_4

Photo_5

D5_2

Photo_6

Top_2

 

 

                                                                      

菊池・阿蘇スカイライン ドライブと 大観峰からの阿蘇五岳眺望


2018.5.21 cloud あいにくの曇り空

≪≪末尾に動画を添付しています≫≫

20180521_162341_hdr 【大観峰より 阿蘇五岳の眺望】




≪菊池~阿蘇スカイライン≫

★熊本県菊池市(県道45号)から阿蘇市(県道12号)を結ぶ道路、沿線の菊池溪谷付近では 新緑の広葉樹の中を走り 阿蘇外輪山が見えるころは 阿蘇五岳や大草原を眺めながらのドライブとなります。 このスケールの大きさに吸い込まれそうな気持になります。

★大正9年に国立公園運動が始まり1934年12月4日 阿蘇国立公園が 誕生しました。当時の内務省担当者から「国立公園の素質ここにあり」と感慨の声を発せられたのが大観峰からの風景でありました。    阿蘇大観峰茶店HPより

★大観峰から見渡す阿蘇五岳は素晴らしく昔からこの五岳は「涅槃像」(ネハンゾウ)にたとえられています。根子岳が顔、高岳が胸、中岳を腹にみたて、まるでお釈迦様が 寝ているような姿からこのように言いつたえられています。  阿蘇大観峰茶店HPより



菊池溪谷付近の風景


 ・新緑の広葉樹が覆いかぶさり浄化された新鮮な空気を吸っているように感じる県道54号線線です。

Mah019064515442 【菊池溪谷入口の風景】

Mah019064515443 【菊池溪谷入口付近】




Mah019084715491

Mah019124716021

【県道45号線の風景】

阿蘇外輪山・県道12号線の風景

 ・県道12号線は「阿蘇スカイライン」とも呼ばれ広大な草原の先には阿蘇平野 その先には阿蘇五岳と大パロラマが広がっています。

Mah01913471216032

Mah01913471216031

【県道12号に入ったすぐの風景】

Mah019151216062 【阿蘇スカイラインから・右側阿蘇五岳方向】

Mah019151216065 【阿蘇スカイラインの風景①】

Mah019151216068 【阿蘇スカイラインの風景②】


大観峰からの眺望

 ・阿蘇北外輪山中央部に位置する「大観峰」は 北外輪山中でも最高峰、カルデラ内に広がる阿蘇平野と阿蘇五岳が大パロラマで一望できます。

20180521_163533 【大観峰展望台から眺望】

20180521_162033

20180521_162027_hdr

【大観峰駐車場前の案内板】

20180521_162126

20180521_162425_hdr

【大観峰途中の電波塔】

20180521_162120 【電波塔付近から見る阿蘇平野と阿蘇五岳】

20180521_162131 【電波塔付近より見る北外輪山と阿蘇平野】

20180521_162530 【電波塔付近より見る北外輪山】

20180521_162942

20180521_162651

【電波塔付近の足元】

20180521_163329

20180521_163417

【大観峰展望台①】

20180521_163405_hdr 【大観峰展望台②】

20180521_163447_hdr 【大観峰展望台③】

20180521_163512 【大観峰展望台④】

20180521_163152

20180521_163231

【その他の風景①】

20180521_163417_2

20180521_163658

【その他の風景②】

【動画】


YouTube: くるま泊の旅・新緑の菊池阿蘇スカイラインを走って大観峰からの阿蘇五岳眺望・熊本県・車中泊

Photo

Photo_2

D5

Photo_3

Top

最近の写真

  • Mah0205826315503_2
  • Mah0205826315501
  • Mah0205726315464
  • Mah0205726315463
  • Mah0205726315463_2
  • Mah0205726315461_2
  • Mah0205726315461
  • Mah0205726315466
  • Mah0205726315462
  • Mah0205726315465
  • Mah0205626315441
  • Mah02055581m15422