新着特集

りっちゃんとみっちゃんのドライブ

  • 車中泊の旅2017年(計画中)
    2017年秋計画中。

« 2017年10月 | メイン

2017年11月の4件の記事

秋の筑前 秋月 紅葉の状況2017年11月10日

Photo
【工房りっちゃん】

小さな旅・ドライブの記録 【九州編】 rvcar dash 
日帰りドライブだけではあきたらず車中泊で九州各地を旅した👣です

Menu_8Menu_11

2017.11.10
≪秋の 筑前秋月 紅葉の状況≫

Dscn4065 【黒門から垂裕神社参道方向】

 


【筑前の小京都 秋月 の豆知識】

★ 秋月城址は 鎌倉 戦国時代に 秋月氏が 1203年(建仁3年)に築城した山城跡です。その後 福岡藩 黒田家の分家 5万石城下町として栄えたそうです。現在では この秋月の城下町一帯は 「国重要伝統的建物群保存地区」に指定されています。        <秋月観光パンフレットより>

★ 朝倉市街地から 北東へ約7km 小石原川に沿って古処山方向へ行くとのどかな山間に 秋月の城下町がある。表通りの杉の馬場は 土蔵の白壁、城跡の石垣に生える苔や街並みの格子、紅葉した並木の秋の風景は、静かな城下町秋月が 筑前の小京都といわれるそうです。

★ 桜で有名な 杉の馬場 を進んで行くと 左側に「長屋門」が見え次に「黒門」が見えます、どちらかの門を通って「垂裕神社」までが 秋の紅葉もみじの名所です。


 

Dscn4045 【野鳥川の橋を渡って 杉の馬場へ】



Dscn4050 【杉の馬場・・・春の桜並木は さぞ絶景となるでしょう】



Dscn4099

Dscn4098









  【秋月博物館 平成29年10月オープン】         【秋月博物館入口】



Dscn4053 【杉の馬場通りの茶店】



Dscn4057 【秋月城址の石垣と堀?】



Dscn4058 【秋月城址石垣とお堀】



Dscn4091 【秋月城址のお堀 上の写真の反対からの画像】



Dscn4059 【長屋門・・・重要文化財】



Dscn4062 【長屋門をくぐった先の風景・・・紅葉が始まっています】



Dscn4064 【黒門から見る風景・・・この辺りは少し紅葉しています】



Dscn4066 【垂裕神社参道の階段・・・この辺りも紅葉が 始まっています】



Dscn4068 【上の写真 階段から振り返って】



Dscn4073 【垂裕神社】



★11月10日は 紅葉には少し早いようです☆
その他の画像



Dscn4044

Dscn4046







野鳥川に架かる橋の手前                 野鳥川



Dscn4048

Dscn4101











秋月博物館                     秋月美術館



Dscn4052

Dscn4055










【杉の馬場周辺の街並み】



Dscn4089

Dscn4087











黒門                        黒門手前の風景



Dscn4093

Dscn4095











秋月城址周辺の風景

 



 

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14



Top_2Photo_3Menu_3

goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

プラド95タイヤ265-75-16交換

Photo_3

wrench 車の整備は 正規マニアルではありませんので 自己責任でお願いします。        

rvcar ランドクルーザ プラド95 冬季を前にタイヤを交換
サイズ【265-75-16】を履いてみました。


bell ノーマルのプラド95ですが 似合っていると思いませんか(自己満足)

Dscn4042 ★車高はノーマル   ★ホイール オフセット+15  ★走行距離 205,000km



Dscn4040 ★車庫入れ時の段差を超える時が最小クリアランスとなります この時が約15mmです
通常の走行では今のところ問題ありません。

pen 車いじりが好きな「工房りっちゃん」が いろいろ工夫して整備した《ランドクルーザープラド95》に
寝袋と枕を放り込み「みっちゃん」と 各地を ドライブした記録も一緒に ご覧ください。

Photo_6Photo_4HomePhoto_5
MenuPhoto_6Top_2

秋の高千穂峡散策と高千穂神社参拝

Photo
【工房りっちゃん】

小さな旅・ドライブの記録 【九州編】 rvcar dash 
日帰りドライブだけではあきたらず車中泊で九州各地を旅した👣です

Menu_8Menu_11

2017.11.3
《秋の高千穂峡》

Dscn4033


《高千穂峡の豆知識》

★ 国の名称 天然記念物に指定されている『高千穂峡』。近くには 滝百選に選ばれた『真名井の滝』。遊歩道の周辺には その昔阿蘇の噴火で流れ出た火砕流が五ヶ瀬川で急激に冷やされて出来た柱状節理などの奇岩を見ることができます。

★ 断崖がそそり立つ渓谷は 髙いところで 100m、平均80mの断崖が 約7kmに渡って続いており 祖母傾国定公園に指定されているそうです。

★ 真名井の滝のライトアップ。夏季期間中は、真名井の滝と遊歩道がライトアップされ、幽玄かつ神秘的な雰囲気を楽しめるそうです。          <高千穂町観光協会HP>


 

Photo_2 【高千穂峡の地図】



Dscn4002 【大橋駐車場から遊歩道の階段を降りるところ】



Dscn4003 【階段は急なところもあります】



Dscn4004 【高千穂大橋のした付近の断崖・・・階段も急できつい】



Dscn4010 【槍飛橋 付近の紅葉】



Dscn4013 【橋を三つ写したつもりが 二つしか写ってない・・・ショボン】



Dscn4018 【槍飛橋付近から神橋方向の渓谷】



Dscn4020 【槍飛橋付近の紅葉】



Dscn4025 【途中の紅葉と柱状節理の渓谷】



Dscn4030 【真名井の滝 遠景】



Dscn4038 【おのころ池付近の紅葉】



Dsc01247 【玉垂の滝】


これから高千穂神社を目指し《自然観察道》の階段を必死で登ることになります。

Dsc01254 【神橋のトンネル側から自然遊歩道へ ⇒ 高千穂神社を目指します】



Dsc01256 【神橋より上流側の渓谷と紅葉】



Dsc01258 【自然観察道の前半の状況】



Dsc01260 【振り返って神橋を見る】



Dsc01265 【高千穂神社の案内と自然観察道の状況】



Dsc01270 【高千穂神社までの300mの表示】



Dsc01271 【延々と続く階段・・・怪段です



Dsc01274 【途中にある 山頭火の 『分け入っても 分け入っても 青い山』】



Dsc01277【高千穂神社に到着 高千穂峡玉垂の滝から所要時間約30分】



Dsc01281 【高千穂神社にお参りして高千穂大橋へ】



Dsc01289 【高千穂大橋から神都高千穂大橋を見る】



Dsc01290 【高千穂大橋から神橋と溪谷を見る】



Dsc01291 【高千穂大橋から溪谷全景を見る】



Photo 【高千穂峡の地図】



 

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14



Top_2Photo_3Menu_3

goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

国見ケ丘 絶景の雲海 秋の宮崎高千穂

Photo
【工房りっちゃん】

小さな旅・ドライブの記録 【九州編】 rvcar dash 
日帰りドライブだけではあきたらず車中泊で九州各地を旅した👣です

Menu_8Menu_11


2017.10.3 sun 晴れ
≪国見ケ丘の雲海・絶景≫
 

Dscn3991


【国見ケ丘の豆知識】

★ 雲海で有名な 国見ケ丘は標高513m 。東に高千穂盆地、西に阿蘇外輪山や五岳、南に椎葉の山々、北に祖母山などが 一望できる絶景スポット。雲海から朝焼けは 雄大で見ごたえがあります、時間が許せば 是非 雲海眺望に挑戦して見てください。

★ 雲海は 秋や初冬の冷え込んだ早朝で 快晴無風の日など 条件があった時に発生します。霧が高千穂盆地や周辺の山々全体を覆い隠し 観光ガイドでよく言われています、墨絵の世界に入り込んだようです。

★ 世界的旅行ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で一つ星を獲得した眺望だそうです。


 
Photo【雲海で有名な国見ケ丘の場所】



Dscn3940 【5時48分高千穂盆地方向】



Dscn3945 【5時53分高千穂盆地方向】



Dscn3949 【5時58分高千穂盆地方向】



Dscn3952 【6時4分高千穂盆地方向】



Dscn3955 【6時6分阿蘇五岳方向】



Dscn3964 【6時11分阿蘇五岳方向】



Dscn3966 【6時11分阿蘇五岳方向】



Dscn3973 【6時15分高千穂盆地右方向】



Dscn3974 【6時15分高千穂盆地左方向】



Dscn3981 【6時24分高千穂盆地 朝日が昇り始めました】



Dscn3984 【6時25分高千穂盆地方向 朝焼けが見えます】



Dscn3987 【6時26分高千穂盆地方向】



Dscn3989 【6時27分高千穂盆地方向】



Dscn3990_2 【6時28分高千穂盆地方向】



Dscn3994 【6時39分高千穂盆方向】



Dscn3998 【6時44分高千穂盆地方向 朝日が昇りました】



Photo_2 【宮崎県高千穂町国見ケ丘 地図】



 

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14



Top_2Photo_3Menu_3

goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

最近の写真

  • Dscn4101
  • Dscn4099
  • Dscn4098
  • Dscn4095
  • Dscn4093
  • Dscn4091
  • Dscn4089
  • Dscn4087
  • Dscn4073
  • Dscn4068
  • Dscn4066
  • Dscn4065