新着特集

りっちゃんとみっちゃんのドライブ

  • 車中泊の旅2017年(計画中)
    2017年秋計画中。

« 2017年9月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月の3件の記事

山口の観光名所 角島大橋 いまも変わらず絶景

プラドで行くの日本の風景

Photo_2

~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて                                                                          ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~

 

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14



Top_2Photo_3Menu_3


2017年 10月 20日 sunはれ

【角島大橋】

≪青い海の上を白く長い橋が ウェーブを描いてはるか彼方に伸びる絶景≫

 

Dscn3905


【角島大橋 豆知識】

★ 山口県 下関市豊北町の『角島』と本州を結ぶ『角島大橋』。2000年(平成12年)完成
 全長は1780m、天気の良い日は 海の青さと橋の白さのコントラストが非常にきれいです。
 白い砂浜とコバルトブルーの海、公園、食事処が 点在して一日ゆっくりできそうです。

★ 『角島』の由来は 島の両端にある「牧崎」と「夢崎」の2つの岬が 牛の角に見えることから
 つけられた名前だそうです。島には 灯台や公園などがあり 特に夕日で有名。
 灯台は イギリスの技師によりたてられた 総御影石造りで 頂上からは 360度の大パロラマ。

★ 無料の橋のなかでは 沖縄県の「古宇利大橋」=全長1960m で1位、「角島大橋」=1780mで
 二位の長さを誇ります。




Photo 【角島大橋の位置】



Mah011743 角島大橋渡り始め  青い海と空、角島大橋の白が 目に飛び込んできます、はるか彼方まで続く橋の白さとウェーブが 絶景をさらに引き立てます。

Mah011762 角島大橋中間地点。 白い橋の優雅なウェーブとコバルトブルーの海が ・・・ 言葉になりません


Mah011763 しおかぜの里角島(左側)、食事やお土産屋さんがありドライブ後の小休止にピッタリです。
しおかぜコバルトブルービーチ(右側) 小休止後の海岸散策は、異国に来た気持ちになります。



Dscn3894 【しおかぜの里「角島」】コバルトブルーの海を見ながらの食事 「綺麗な緑色のわかめソフトクリーム」「お友達や家族へのお土産」駐車場前の「しおかぜコバルトブルー ビーチ」の散策などが出来ます。


Dscn3892 しおかぜの里角島から見る 「しおかぜコバルトブルー ビーチ」・・・写真ではよくわからないが綺麗な海です。


Mah011771 角島灯台公園下の海岸。夕日が綺麗な場所の看板や のぼり旗、ベンチが 各所にありました。ほかに雑貨店や休憩所があります。(駐車場有料)


Mah011772 角島灯台。御影石で作られた石の灯台・・・頂上からは 360度の絶景です(参観寄付金、駐車場有料)隣接された灯台記念館は 角島の歴史や灯台長の部屋などがあります。


Mah011774 角島中間地点の直線道路(角島大橋方向へ走行)・・・天気が良いとこころも車も快調です。


Mah011783 角島大橋の直線部分(角島から本土方向へ走行)・・・天空への橋だ ぁ~~・・・。


Mah011784 角島大橋中間地点((角島から本土方向へ走行)・・・やはり本土から見た方が 良いですね!


Photo



Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14



Top_2Photo_3Menu_3


goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

ランドクルーザープラドで行く日本の風景

Photo
【工房りっちゃん】
chickcar camera rvcar movie
~ ♪♩♪ ドライブの好きなふたりが 気ままな旅で見つけた自然と
まだ見ぬ風景をもとめて旅・ドライブした日本の風景です ♪♬ ~


≪≪ブログ は 下記へ移動しました≫≫


下記をクリックお願いします
Photo_29

秋の夕日が綺麗なスポット福岡県『宮地浜』チョット早い宮地嶽神社光の道

Photo
【工房りっちゃん】

小さな旅・ドライブの記録 【九州編】 rvcar dash 
日帰りドライブだけではあきたらず車中泊で九州各地を旅した👣です

Menu_8Menu_11





2017.09.30
秋の夕日『宮地浜

Dscn3817

 


【宮地浜・宮地嶽】

★福岡県 福津市 宮地嶽神社参道の先に見える 海が『夕日のきれいな 宮地浜』です。夏の海水浴だけでなく、天気の良い日は玄界灘に沈む夕日を眺めながらの散策をされる方も多いようです。

★年二回だけ 神社・参道・宮地嶽浜まで一直線になる光の道が見れる場所としても 人気があります(2月20日、10月20日 ごろ)。当日は 光の道が現れるまで約3週間も早かったため 夕日は宮地嶽浜にある鳥居の右側(約一時の位置)にありました。

★全国の宮地嶽神社の総本山で1700年の歴史があるそうです。 商売繁盛の神として毎月1日の晦日参りは有名、この他に 直径2.5m 長さ13.5mの大注連縄、直径2.2mの大太鼓、重さ450㎏の
大鈴を見ることができます。
 



Dscn3798
 宮地嶽神社から見る 相島とまだ高い夕日



Mah011302 海側の鳥居を照らす夕日 ・・ 10月20日頃は鳥居に中に入っています。



Mah011321 駐車場に車を停め  鳥居を超えるとすでに夕日が ・・ 夕日を鑑賞する人々



Dscn3802 夕日の左が相島 ・・ 10月20日頃は夕日が相島の真上に。



Dscn3812 宮地浜の夕日①



Dscn3808 宮地浜の夕日②



Dscn3810 宮地浜の夕日③



Dscn3816 宮地浜の夕日④



Dscn3822 宮地浜の夕日⑤



・・・・・・・・・・・夕日はどこを照らしているの?・・・・・・・・・・・

 

Dscn3806 夕日は 一番に宮地浜の鳥居を照らしている



Mah011291 次に 宮地嶽神社の参道を照らしている ・・ 宮地浜から直線の一本の道



Dscn3796 参道を上り詰めたところ ・・ 人々が夕日を鑑賞しています。本殿側へ曲がった参道より撮影
夕日は本殿側を照らしていません 何処を照らしているの?



Dscn3800 ここを照らしています ・・ 参道を昇りきった『古宮』⇒ 写真左の灯篭の影にある四角い窓です
灯篭の四角い窓から一直線の光の道が見えるそうです



・・・・・・・・・・・・その他『宮地嶽神社』の風景・・・・・・・・・・・・



Dscn3784

Dscn3782












宮地嶽神社拝殿と門



Dscn3787

Dscn3781









日本一の大鈴                    参道の牛



Dscn3786

Dscn3788









参道のうま                     民家村自然広苑



Dscn3789

Dscn3790












奥の院八社めぐり入口



Dscn3794

Dscn3799_2












        不動神社




 奥の院八社めぐり案内

 

Photo_2


Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14



Top_2Photo_3Menu_3

goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

最近の写真

  • Dscn4101
  • Dscn4099
  • Dscn4098
  • Dscn4095
  • Dscn4093
  • Dscn4091
  • Dscn4089
  • Dscn4087
  • Dscn4073
  • Dscn4068
  • Dscn4066
  • Dscn4065