新着特集

りっちゃんとみっちゃんのドライブ

  • 車中泊の旅2017年(計画中)
    2017年秋計画中。

« 2017年7月 | メイン | 2017年9月 »

2017年8月の6件の記事

フロントショック交換 プラド95:工房りっちゃん

Photo_3

pen 車いじりが好きな「工房りっちゃん」が いろいろ工夫して整備した《ランドクルーザープラド95》に
寝袋と枕を放り込み「みっちゃん」と 各地を ドライブした記録も一緒に ご覧ください。


wrench 車の整備は 正規マニアルではありませんので 自己責任でお願いします。        

Photo_6Photo_4HomePhoto_5
MenuPhoto_6Top_2

rvcar ランドクルーザ プラド95 走行距離が20万kmを超えたので
フロントショックアブソーバ】の交換をした時の記録です。

wrench スプリングコンプレッサーが 無いので ゴミ捨て場にあった PVCパイプ用の
フランジ継手を利用してスプリングコンプレッサーの代用をしました。
危ないので真似しないでください。

one フロントショックの購入

Dscn2844


○○○共販にて純正部品購入










two フロントショックをスプリングがついたまま取り外します。

foot 事前に ジャッキアップしてタイヤを外した後ボデー側に馬を掛けジャッキは外します。

Dscn2823

【ショック上側取外し】
①ショックをサスペンションサポートに取り付けるナット(1本)を外さないで  少しゆるめておきます。
②サスペンションサポートをボディー側に取り付けているナット(3本)を取り外します。











Dscn2822

【ショック下側取外し】
①ショック取付のナットを取り外す。
②ボルトを引き抜くとショック全体が外れます。
※重いので怪我をしないように注意










Dscn2849

【ショックとスプリングを取外した写真】














three ショックからスプリングを外します。

foot ここで PVCフランジを利用したスプリングコンプレッサーの出番です。

Dscn2855

【一度だけのスプリングコンプレッサー】
※上側のサスペンションサポートのボルト(3ヶ)は ズレないように深さ5mm程度の穴を開けています。下側は そのままPVCフランジの穴に入れています。
※通しボルト4本にワッシャとナットで締めていきます。
①この状態で 各通しボルトのナットを均等に締めていきます。
②ショックをサスペンションサポートに取り付けるナット(1本)が フリーになるまで締めます。


 

Dscn2854スプリングコンプレッサーセット
①ショックを逆さにしてサスペンションサポート側をPVCフランジに乗せます













Dscn2853
②次にPVCフランジを写真の様に乗せて4本の通しボルトに通しナットを締めていきます

※左側を交換した時の部品が転がっています












Dscn2857_2
③写真の赤丸のネジ(ショックをサスペンションサポートに取り付けるナット(1本)を外さないで緩めただけのもの)がフリーになったらネジを外します
※フリーの状態が判りにくい時は ネジを外れない程度に緩めると判りやすい










 Dscn2856

④4本のナットを締めていき③の写真の赤丸のネジ がフリーになった時の写真












 

Dscn2858
⑤ 写真③の赤丸のネジが 外れたら 先ほど締めていった4本の通しボルトのナットを 今度は緩めていき ショックとスプリングを取り外します











four 復旧(組立)

Dscn2861

※ ショック、コイル、サスペンションサポート、クッションなどの必要部品を交換して逆の手順で組み立てていきます

























five 新旧のショック比較

Dscn2863
※右側が新品のショックのブッシュとクッション

※左側が古い分です ブッシュの上側がつぶれているのが判るかと思います










《感想》自作のスプリングコンプレッサーの4本のナットを締めたり、緩めたりが 大変時間がかかったが 思った以上に簡単にできました。次回はショックのブッシュ(写真five参照)交換にチャレンジしようと考えています。その時またお会いしましょう。



🚙。。。九州各地で出会った風景や新しい発見を記録に残して行くうちに
もっと もっと 遠くに行きたくなった 日本各地の記録もご覧ください。

 Photo_2

MenuPhoto_6Top_2
goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

台所DIY 収納庫 扉を引出し式に変更:工房りっちゃん



Photo

eye色々な事にチャレンジするのが好きな「りっちゃん」の 🔨DIYの記録です

 

eyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglass【木工DIY チャレンジ】eyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglass

 ・理由
  ① 台所コンロ下の収納庫の中が見えにくいため 奥の物が取り出しづ  
    らい。
    ② 使いにくいので 活用されてない


 ・目標
  ① 外見は 今まで通りで変えない、且つ安価で作成する。
  ② 収納物が一目でわかり 且つ 奥の物が取り出しやすくする。

 ・改善
   flair 開き戸 から 引出し式に変更。


eyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglass




Dscn3482

Dscn3495











➡➡➡

《Bifore》開き戸式         《After》引出し式



one 材料の準備(ホームセンターで購入)
 ・木材購入(1×4 ワンバイフォ = 3本)
 ・スライドレール(スライド長さ45cm)1セット
 ・かざり木ネジ 4本 ・・・他のDIY余り分
 ・ベニア板 5mm厚(引出し底用)・・・他のDIY余り分

annoy扉は 事前に蝶番から外しておく

Dscn3484_2


・左側から
 ㋑ 木材 1×4 ワンバイフォ 3本(切済)
   ㋺ 黒の収納ボックス
   (仮に入れてみるもの準備)

 ㋩ スライドレール1セット(45cm)











two 収納庫内にスライドレール取付け用の台固定

Dscn3487


※ 後で気が変わった時に 元に戻せるように 木ネジは使用せず くさびとかくし釘で 固定しました。(一か所 見えないところに木ネジ使用)
wine木ネジを使用しない分 台の板をが多くなっています











three収納用引出し作成

Dscn3486


※ 長さ41cm2本 と 45cm 2本
底板(ベニヤ板)45cm×45cm1枚で引出し作成。











four 引出しにスライドレールの取り付け用 板取付け

Dscn3485



※ 底板は ベニア板(厚さ5mm)のため 補強を兼ねスライドレール取付用の板取付け。(スライドレールは 仮に置いたものです)











five 引出し側にスライドレール取付け

Dscn3489
スライドレール取付け手順(自己流です)
※スライドレールは 引出し側と収納庫側とが 爪を操作することで分割ができます。
(取説確認)

㋑ スライドレールを引出し側にビスにて正規に取付ける
㋺ 引出し側に収納庫側スライドレールを取付けて強力両面テープを貼り付ける。
(収納庫側のレール取り付け位置を引出し側と合わせるためスライドレールは正規にセットする)



six 収納庫側にスライドレールを位置決めして仮取付けする

Dscn3492

※スライドレールは引出し側と収納庫側とが爪を操作することで分割ができます。(取説確認)
㋑ 引出しを仮挿入して位置を決める
㋺ 位置が決まったらそのまま下に押し付け 先ほど両面テープを付けたスライドレール 収納庫側を仮付けする
㋩ この状態でスライドレール分割爪を押して引出しごと 引き出す(引出し側と収納庫側を分割)
㋥ 収納庫側のスライドレールが 両面テープで仮固定された状態になる


seven 収納庫側のスライドレールを正規に取り付ける

Dscn3493


※引出しを引き出すと収納庫側のスライドレールが残っているので ビスにて正規に取り付ける











eight 引出しに扉を取付けます
annoyその前に扉の取っ手を 左端から中央へ取付を変更します(写真参照)

Dscn3688



※扉の位置を決め 引出しに木ネジで固定します
㋑ 一旦 引出しを収納して(引出しが奥に入りすぎないよう仮にストッパーを置きます)
㋺ 扉の位置が元の位置(開き扉の時)と同じになる所で 木ネジで固定する
※この写真は両サイド4本の木ネジで留めているのが見えます





nine 引出しに扉を取付け完成したところです

Dscn3494_2

Dscn3495_2










引出しに扉を取付けたところ          仮に黒いボックスを収納したところ



≪感想≫
 上から入っている品物が見えるうえ 必要なものも上から取り出しやすく非常に便利になったなった。今までは 横から見ていた 為 中の状態が 目え難く奥の物は一度手前の物を出してから 必要なものを取り出していた 状況でした。

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14



Top_2Photo_3Menu_3

 

goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

青山高原道路ドライブ 絶景&風車の風景 【三重県】

ランドクルーザー プラドで行く日本の風景Photo_2【工房りっちゃん】
ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて

 

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14



Top_2Photo_3Menu_3

                                        

 
青山高原道路(日本百名道) 2017.5.18
動画添付2017.8.16

Dscn3351_2 青山高原の風車群(久井榊原風力発電)

 


 【豆知識】


通称「青山高原道路」正式には 「三重県道512号青山高原公園線」で 三重県津市 と 三重県伊賀市 付近を通る県道。民間企業による リゾート地開発でアクセス道路として計画されたが 企業が倒産 引き続き 三重県が 「陸上自衛隊久井駐屯地」に依頼して完成。


 当初は距離も短く「青山高原有料道路」の名称で観光道路であったが 現在は無料である。沿線には 「榊原温泉」「航空自衛隊笠取山分屯基地」「久井榊原風力発電施設」・・・などがある。


  風車群が 見えるところは 眺望が良く 展望台などが設けられています。風車の数が非常に多く 20基以上はありそうです。駐車場は広く各 展望所毎に設けられています。


 

Dscn3347_2 旧料金所跡より眺望①

 

Dscn3349 旧料金所跡より眺望②


 

Dscn3350 三角点展望台より眺望



Dscn3352国定公園 青山高原 三角点 展望台よりの眺望①



Dscn3353_2国定公園 青山高原 三角点 展望台よりの眺望②



Dscn3354国定公園 青山高原 三角点 展望台よりの眺望③



Mah00989

Mah00989_2










青山高原道路 右折 三角点展望台           三角点駐車場と展望台(スロープあり)
左側 建物 【青山高原山頂小屋】

Mah009901

Mah0099035










三角展望台出て右折三重テレビ中継局付近       青山高原第5駐車場付近



Mah009904

Mah0099056










丸山展望台駐車場付近                ふるさと公園第6駐車場付近



Mah0099066

Mah0099010










ふるさと公園第6駐車場より眺望            青山高原布引きの森付近②



Mah0099011

Mah0099017










青山高原布引きの森付近③              風力発電施設
                              (青山高原ウィンドファーム)駐車場



Mah0099020

Mah0099021










航空自衛隊久井駐屯地付近②             航空自衛隊久井駐屯地付近③



Photo 青山高原道路の位置



動画


  YouTube: 青山高原道路 日本百名道 【三重県】初瀬街道~航空自衛隊笠取山分屯地

pencil 風車の見える風景が 圧倒されます。(動画の中盤から後半にかけて)



Top_2Photo_3Menu_3

                  

goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

 

明神峠ドライブ(静岡県道147号)三国峠側から小山町

Photo
≪工房りっちゃん≫

~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて                                                                          ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~

動画添付 

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14



Top_2Photo_3Menu_3


2017年 5月 16日 cloud曇り

14720170516明神峠の位置



【明神峠】

静岡県道147号線、三国峠 終点から静岡県駿東郡小山町まで。途中には 下り勾配10%、15%の標識があり  さらには ブレーキ故障時の避難場所 も設置され 下り坂が急なことがわかります。

三国峠側から来ると【明神峠】は 全て下り坂となります。エンジンブレーキを上手に使ってお互い安全運転に心がけましょう。




Photo_15 静岡県の標識から【明神峠】となります



Photo_16 明神峠風景①



Photo_17 明神峠風景②



Mah009451 明神峠風景③



Mah009452 明神峠④



Mah009453明神峠⑤


Mah009454明神峠⑥

Mah009455明神峠⑦


Mah009456明神峠⑧



Mah009457静岡県小山町のT字路

動画


YouTube: 明神峠ドライブ(静岡県道147号)2017 05 16 am11時くもり

 

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14



三国峠~明神峠 ドライブ(山梨・神奈川 県道730号~静岡県道147号)

Photo
≪工房りっちゃん≫

~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて                                                                          ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~



Top_2Photo_3Menu_3


2017年 5月 16日 cloud曇り (くもで富士山見えず)

Photo 山中湖パノラマ台より 左側の雲に【富士山】隠れています ザンネン!



【三国峠】

山梨・神奈川県道730号線(山中湖小山線)、山中湖畔を起点として途中神奈川県を一次通り 明神峠に名称が変わる静岡県道147号まで。山中湖(標高1000m)から ず~っとカーブの連続 最高地点 標高1168m 。途中視界が開けたところから見える 山々が こころを癒す。


【明神峠】

静岡県道147号線、三国峠 終点から静岡県駿東郡小山町まで(動画は明神峠途中まで)。途中には 下り勾配10%、15%の標識があり  さらには ブレーキ故障時の避難場所 も設置され 下り坂が急なことがわかります。



【地図】

730_147 富士山と峠の位置関係



1km パノラマ台より 1km地点の風景(後方が 山下湖)



1km_2 パノラマ台より1km地点 小高い丘 富士山と山中湖の眺望が良い場所 今回はくもで×



Photo_2 【三国峠】は全体にこのような風景  時々視界が開けたところからの景色は良い



 Photo_4 【三国峠】の途中一度神奈川県に入ります 標識の下に 左側 三国山 右側 明神山の案内あり



Photo_5 【明神峠】静岡県の標識 ここから明神峠 県道730号から県道147号となります



Photo_6 【明神峠】全般にこのような道 くだりで勾配が結構急です



Photo_7 【明神峠】下り坂 勾配10%の標識 と 眺望



その他のショット

Photo_8

Photo_9








【三国峠】                 【明神峠】


動画


YouTube: 三国峠・明神峠前半のみ(山梨・神奈川・静岡県道147号)2017 05 16


Top_2Photo_3Menu_3

goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

河口湖・山中湖パノラマ台から見る富士山くもの合間から一瞬みえた

Photo
≪工房りっちゃん≫

~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて                                                                          ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~



Top_2Photo_3Menu_3


2017年 5月 16日 cloud曇り

Dscn3278_3 河口湖から見る富士山と四季折々のはな




【 富士山・河口湖・山中湖パノラマ台 】


pencil 世界遺産の富士山は標高3776mの活火山。噴火活動が 沈静化する平安時代後期までは 噴火や溶岩流出を繰り返す恐ろしく神秘的な山でした。その雄大で美しい富士山は日本の象徴です。

pencil 河口湖北岸にある 【大石公園】から 河口湖と富士山の絶景を眺望するも 時々雲の合間より見える程度、しかし 公園内の遊歩道に沿って咲き誇る花々が 我々を迎えてくれ 心が和んだ次第です。

pencil 山中湖から 県道730号を三国峠へ 途中にある 絶景ポイント【山中湖パノラマ台】からは 晴れた日には 眼下に山中湖 その先に富士山が見えます、今回はあいにくの雲で富士山が ほとんど見えませんでした。


 


Dscn3277河口湖と遊歩道の花々



Dscn3282 山中湖のスワンボート



Dscn3293 芦ノ湖畔(大学駅伝ゴール地点 付近より)



Dscn3295 芦ノ湖の遊覧船



Dscn3290 芦ノ湖の海賊船



Dscn3298 大学駅伝往路ゴール石碑



Dscn3285 山中湖パノラマ台より富士を望む(左側にあるはず くもが sweat01



その他のスナップ

Dscn3295_2

Dscn3296













    芦ノ湖湖畔             大学駅伝 前方からきて左側がゴール 


Dscn3284Dscn3283










パノラマ台より眺望             パノラマ台駐車場より





Top_2Photo_3Menu_3




最近の写真

  • Dscn4101
  • Dscn4099
  • Dscn4098
  • Dscn4095
  • Dscn4093
  • Dscn4091
  • Dscn4089
  • Dscn4087
  • Dscn4073
  • Dscn4068
  • Dscn4066
  • Dscn4065