新着特集

りっちゃんとみっちゃんのドライブ

  • 車中泊の旅2017年(計画中)
    2017年秋計画中。

« 日光東照宮の国宝 陽明門 4年ぶりの極彩色 | メイン | やまなみハイウェイ・大観峰 春の野焼き後の風景【動画添付】 »

プラド95 リヤショックアブソーバー交換の記録

Photo_3

pen 車いじりが好きな「りっちゃん」が いろいろ工夫し 専用工具無しで整備した《ランドクルーザープラド》に寝袋と枕を放り込み「みっちゃん」と 各地を ドライブした記録も一緒に ご覧ください。


wrench 車の整備は 正規マニアルではありませんので 自己責任でお願いします。        

Photo_6Photo_4HomePhoto_5
MenuPhoto_6Top_2

rvcar ランドクルーザ プラド95 走行距離が20万kmを超えで 【リヤショックアブソーバ】の交換をした時の記録です。

wrench 特殊工具やジャッキアップも必要ありませんが 上側のナットの場所が狭く作業性が悪いため時間がかかります。


one 準備:部品の手配(ショック及びブッシュ関係一式)

Dscn2829_3
・〇〇〇部品共販にてASSYで2本購入。

 

 

 







twoリヤショックの取り外し

Dscn2833_4



・下側の固定ボルトを外した後 上側のナットを外しました。

wrench 下側に取り付けられたブッシュが固着してなかなか外れない、CRCを掛け放置後どうにか外れた。(20万km 放置のたまもの?)








    【上側の詳細写真】

       写真①                       

Dscn2830_2



・ 次に 上側のナットを外します。

wrench 場所が狭くナットの状態が、まったく見えない 手探りでの作業となる。













 







     写真②

Dscn2831_2



・ナットが緩んだら そのままショック側を回し外します。

wrench 場所が狭くラチェットを動かす範囲が狭い為、ショック側を回したが早い。




















     写真③ ・・ 上側のナットにラチェット(写真の上の方白い部分)を掛けた拡大写真

Dscn2832


danger 上側のナットにラチェットを掛けた状態の写真 ・・・ 場所が狭く 写真もこれが精いっぱい(。-人-。) ゴメンネ。

wrench 上側のナットは非常に狭い場所にあり 工具がうまく入りません、小型のラチェットがどうにか合いましたが わずかづつしか緩みません(動かせません)。

wrench ナットが緩んだ後は、メガネレンチを掛け固定して、 上の写真②のようにショック側をパイレンで緩めると 少し早いです。



threeリヤショックの取付け 
  ・・ ショック付け根のガード側が 前方になるよう取付け。
        

Dscn2835_2

① 上側のナットを取付け ショック側を        
  回しある程度締まったところでラ          
  チェットで本締め。

wrench 取外しと逆の手順で取付け。





















Dscn2836

② 次に下側のボルトを締め付けて、最後に忘れ物がないことを確認して終了。

wrench 下側のボルト取付けは ガード(鋼製の板)側が 前方になるように取付け。






















pencil 上側固定のナットの場所が狭く 工具も手も入りづらい場所で取り外しに時間がかかった、この作業は 単調な作業で 腕が疲れ DIYでは 面白くない作業の一つです。


Photo_6 Photo_4 Home Photo_5

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Photo
  • Photo_2
  • Mah0099021
  • Mah0099020
  • Mah0099017
  • Mah0099066
  • Mah0099011
  • Mah0099010
  • Mah0099056
  • Mah0099035
  • Mah009904
  • Mah009901