新着特集

りっちゃんとみっちゃんのドライブ

  • 車中泊の旅2017年(計画中)
    2017年秋計画中。

« 遠賀川源流点までの遊歩道の風景 | メイン | プラド95 リヤショックアブソーバー交換の記録 »

日光東照宮の国宝 陽明門 4年ぶりの極彩色

Photo_2≪工房りっちゃん≫
~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて                                                                          ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~




Top_2Photo_3Menu_3



2017.5.14 くもりcloud時々sun晴れ
 

Photo 陽明門全景



sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04

日光東照宮≪陽明門≫

pencil・徳川初代将軍徳川家康公を御祭神におまつりした神社です。家康公は、世の中に秩序と組織を形成し、学問を勧め産業を興し、江戸時代260年間にわたる平和と文化の礎を築き、近代日本の発展に多大な貢献をされました。ー日光東照宮ホームページよりー


pencil・陽明門の修理は21回目、前回の修理は1973年だった。今回は東照宮の修理に一環で、総工費は約12億円。修復には地元の職人が携わり、使った金箔は約24万枚に上る。工事は2013年6月に着手し、2017年3月10日 約4年ぶりに一般公開しました。

pencil・栃木県宇都宮から「日光宇都宮道路」にて ≪美しい彫刻と豪華絢爛な建築物がある日光東照宮へ≫ とにかく人が多くてビックリ。 鳴き龍など 東照宮の多くの知られざる秘密を見て知り もう一度訪れたい気持ちになりました。

sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04




Dsc_0035

画像奥の【石鳥居】九州筑前(福岡県)藩主黒田長政公によって奉納されました。



 Dsc_0018
表門】左右に仁王像が安置されていることから「仁王門」と呼ばれています。



Dsc_0019
【参観受付所】…(料金所)右側と正面の上新道の杉並木



Dsc_0021_2
三神庫】上神庫(中央の建物)・中神庫(右側の建物)・下神庫を総称して三神庫と言い、この中には春秋渡御祭「百物揃千人武者行列」で使用される馬具や装束類が収められています。
 上神庫前の「灯篭」の中に「軍師 官兵衛」の子供 黒田長政の夫人(徳川家康の幼女「栄姫」)の灯篭もありました。



Dsc_0023
上神庫の屋根下には「想像の象」(狩野探幽下絵)の大きな彫刻がほどこされています。



Dsc_0022 
【神厩舎・三猿】神厩舎は、ご神馬をつなぐ厩(うまや)です。昔から猿が馬を守るとされているところから、長押上には猿の彫刻が8面あり、人間の一生が風刺されています。中でも「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻が有名です。・・・いつの間にか手paperが(。-人-。) ゴメンネ。



Dsc_0024 
・唐銅鳥居前の石畳み(パワースポット)から【陽明門】・本殿が一直線になっており本殿の上には北極星が見えるそうです。後ろは江戸の町 方向だそうです。



Dsc_0025
伊達政宗 奉納の【南部鉄灯篭】 陽明門に上る階段の右側にあります。境内には色々なところに「灯篭」があり 当時の諸大名が奉納したものだそうです。



Dsc_0028
【陽明門】日本を代表する最も美しい門で、宮中正門の名をいただいたと伝えられています。いつまで見ていても見飽きないところから「日暮の門」ともよばれ、故事逸話や子供の遊び、聖人賢人など500以上の彫刻がほどこされています。



Dsc_0029
御本社の【唐門】貝殻から作る白い顔料、胡粉で全体が塗られ門に掘られた龍などの細かな彫刻が印象的で 陽明門とは違い清楚な感じがする門です。



Dsc_0030
【神輿舎】春秋渡御祭(5月18日、10月17日)に使われる、三基の神輿(みこし)が納められています。とにかくどこに行っても人が多く 写真を取るのも大変です。 また手が写ってしまった。



Dsc_0031
「薬師堂」別名「本地堂」と呼ばれ日光東照宮で最大規模の建物で「総漆塗極彩色」豊かなきれいな建物です。天井には狩野派の「狩野永真安信」によって描かれた8mの龍の水墨画があります。これが「薬師堂の鳴き龍」と言われ 龍の顔の下で拍子を打つと音が共鳴して龍の鳴き声が聞こえま。現在の画は復元したものだそうです。



Dsc_0032
【鐘楼】奥の豪華な建物 と 朝鮮国使からの贈り物【朝鮮鐘】長男 家綱誕生の折送られたものだそうです。



Dsc_0033
右側 若狭の国(福井県)小浜藩主酒井忠勝公によって奉納された五重塔、初層の蟇股には十二支の動物が彫刻されていて、非常にきれいです。 、「心柱」構造で耐震性にすぐれ、現代の「スカイツリー」にも応用されています。(陽明門階段より入り口側を見たところ)



≪その他のスナップ写真≫

Dsc_0016_2

Dsc_0034








【宝物館】                      【唐鳥居】

Dsc_0020

Dsc_0036


























【上新道の杉並木】                 【参道入口】

 

 Top_2Photo_3Menu_3
 

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Dscn4101
  • Dscn4099
  • Dscn4098
  • Dscn4095
  • Dscn4093
  • Dscn4091
  • Dscn4089
  • Dscn4087
  • Dscn4073
  • Dscn4068
  • Dscn4066
  • Dscn4065