新着特集

りっちゃんとみっちゃんのドライブ

  • 車中泊の旅2017年(計画中)
    2017年秋計画中。

« 2017年5月 | メイン | 2017年7月 »

2017年6月の11件の記事

メルヘン街道(国道299号)雨の車窓より 長野県・蓼科高原~麦草峠2127m~白駒池

 

~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~

Photo_2
【工房りっちゃん】





2017.5.13 朝から一日rain雨時々cloud曇り

 

Photo メルヘン街道・蓼科高原付近

 sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04

 pencil【メルヘン街道(国道299号)

・メルヘン街道は 長野県茅野市蓼科高原と佐久穂町を結ぶ山岳ドライブコース 途中 国道としては2番目に高い麦草峠 標高2127mを通る、冬季は積雪のため通行止めとなる。
長野県観光情報ホームページより

・メルヘン街道 周辺の観光としては 「蓼科高原」「横谷峡」「蓼科・八ヶ岳自然学校」「麦草峠」、中でも「白駒池」は 標高2100m以上にある自然の湖では日本最大 周辺には原生林や苔の森などがあります

・標高の高いところを走り景色が良いと思いますが 両側の木々が 目線をさえぎりよく見えないのが ザンネンです。道の両サイドには 松の落ち葉が 茶色の帯となり 残雪の白色と相まって景色に花を添えていました。

sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04


20170513
メルヘン街道地図(長野県茅野市)



Photo_2 メルヘン街道・蓼科高原入口



Photo_3 左側 = ビーナスライン 、右側 = メルヘン街道、麦草峠の標識



1800m メルヘン街道・1800m地点の風景



1900m メルヘン街道・・1900m地点の風景と標識



1900m_2 メルヘン街道・1900m付近の風景



Photo_4
メルヘン街道・日向木場展望台付近



2100m
メルヘン街道・標高2100mの風景



2100m2100m
メルヘン街道・2100m付近・北八ヶ岳自然保護林


282127m_2
前方中央の四角いのが【麦草峠最高地点2127m】の標識



30 メルヘン街道・白駒池の駐車場



cameracameracameracameracameraその他のスナップ写真cameracameracameracameracamera



Photo_5

Photo_7






メルヘン街道の標識           直進 麦草峠の標識



1800m_2

1900m_3







1800mの標識             1900m付近の風景



Photo_8

2199m






日向木場展望台付近           2100m付近の風景



222100m

25







2100mの標識             八ヶ岳自然保護林付近



27 麦草ヒュッテ付近の残雪

動画
雨のメルヘン街道車窓より
長野県


YouTube: メルヘン街道雨の車窓(蓼科高原~麦草峠2127m)20170513




山奥にある紫陽花の大聖寺

Photo_2 【工房りっちゃん】

~ ♪♩♪ ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然と

まだ見ぬ風景をもとめて旅・ドライブした日本の風景です ♪♬ ~

 rvcarランドクルーザープラドで行く日本の風景ドライブメニューへrvcar一部動画ありmovie
goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど




2017.06.26 朝から一日曇り時々晴れ 

Dscn3616 大聖寺境内より見る風景  

sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04
 pencil【大聖寺】

・北方町の杉岳山大聖寺は 日本三大不動尊の一つ 別名あじさい寺と言われ約5000株の色々な種類の紫陽花があります。 和銅2年(709)に 行基が 開山したお寺です
ー佐賀県観光情報ホームページよりー

・6月から7月にかけ色とりどりの紫陽花が咲き誇り境内から見る景色は最高です。また 自然にできたとは思えない夫婦円満・縁結びの木があります。

・山奥にある大聖寺には 県道24号線側と331号線側からアクセスの方法があるが 県道25号線から分岐して行く道が広くて安全、一方  県道331号線から行く方法は 狭くて急坂、急カーブで離合する箇所が少なくお勧めできない。
<我々は県道331号線側から行って大変だった>

sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04

Dscn3615紫陽花畑 からの大聖寺



Dscn3618 大聖寺 境内からの風景①



Dscn3623 大聖寺 境内からの風景②



Dscn3627 紫陽花 畑



Dscn3620 お参り



Dscn3628

Dscn3624











紫陽花畑 のショット



Dscn3622

Dscn3621













Dscn3617Dscn3626


その他のショット



Photo 県道331号 <急坂・急カーブ・狭い>おすすめできない道
県道25号線からアクセスがおすすめ

狭くて急な参道【動画


YouTube: 紫陽花の大聖寺2017.06.26




台所換気扇15年ぶりに取外し大掃除

🔨不器用なりっちゃんが 面白おかしくチャレンジしたDIYの記録です🔨

Photo


2017.06.22晴れ時々曇り

Dscn3612

 掃除後の換気扇

eyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglass

・15年ぶりに換気扇を取り外し掃除をした。年一度の「大掃除」の時は 外面とファンを取り外しての掃除であったが 手の届かないところに油とほこりが たっぷり付着していた。

・取外しは 先ず外カバーから外していくと なんと ドライバーは必要なく 爪に引掛けて留めている構造、接続は挟む方式2箇所、蝶ネジ2箇所で固定、本体は 壁に取り付けた 引掛け金具に掛けただけの簡単な取付方法。annoy電源ケーブルの取り外しと ダクトの接続外しを忘れないように。

・清掃は 「ファン」などの部品を取り外し本体を丸ごと洗剤でゴシゴシするも「油が分厚く堆積」しているところは 一日洗剤に浸け置きして対応しました。

eyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglasseyeglass



one外装カバーの取り外し(前面と上部カバー)
 ・前面カバー >>> 両サイドの切り欠けに挟み金具で本体に固定 上部は引掛け式。
 ・上部カバー >>> 下側が 蝶ネジで本体に固定されている。電源 ケーブルと排気ダクトが 見えます
annoy外しに集中して写真が少ないです。取り付け時の写真を参照してください。

Dscn3589

前面カバーと上部カバーを外したところ


two本体の取り外し
 ・電源ケーブルの切り外し、排気ダクトの接続用テープを外す。
 ・内部ファンの取り外し >>> ファンとダクトノズルはねじ止めとなっています。ファンは本体ごと外しても良い。
 ・本体は 壁に取り付けられた引掛け金具に掛けられているだけ 重いので注意

Dscn3597

Dscn3595








取外したファン           残った本体


three本体とシロッコファンの洗浄>>>台所用洗剤では時間がかかるため油専用洗剤を使った。

Dscn3592 外した本体を洗浄・油用洗剤を使用


fourシロッコファンの掃除とベアリングへのグリスアップ>>>大変なことに

Dscn3603 ついでにファンのグリスアップ



Dscn3591_3 洗浄中の本体



five乾燥を十分にして復旧に入ります。

annoy電気部品に水が付着した時は 数日完全に乾燥させて復旧

①取付け箇所の清掃

Dscn3594
 ・排気ダクトと本体取付用引掛け金具(中央の細長い板)と電源ケーブル(右側にぶら下がっている)








②本体の取付

Dscn3595_2
 ・壁取付の引掛け金具に掛けているだけ
 ・排気ダクトノズルとダクトの取付け
 annoy電源ケーブルは ファン取り付け時に接続







③シロッコファンと照明の取付

Dscn3601
 ・排気ダクトノズルビス止め
 ・ファンの取付本体側ビス2本
 ・ファンダクト側ビス2本

annoy排気ダクトノズル=排気ダクトと本体を接ぐ部品





Dscn3606

Dscn3610








ファンの取付ビス(左右2箇所)  ファン排気口 右は差込 左はねじ止め

④電源ケーブルの接続
 ・全て異型のコネクターを使っているため 間違って接ぐ事はないと思います。

Dscn3601_2

Dscn3598





上部カバー取り付け前に 各種ケーブルを接続します


⑤上部カバーの取付け
 ・カバーの下側にある切り欠けを右写真のU字方の金具に挿入(左右あり)して蝶ネジで締め付けて固定する。

Dscn3607Dscn3605







換気扇上部カバーの取付け      U字型の板で挟み蝶ネジで締めます


⑥本体前面のカバーを取りつけます。

Dscn3608


annoy前面カバーは ファンのスイッチが 付いているのでケーブルの接続を忘れないように。









⑦シロッコファンと吸い込みフィルターを取付けて完了です。

Dscn3612_2annoyおまけ
 ・ダクトの中に古い蜂の巣(コブシの半分程度)があったのにはビックリしました。









⑧困ったこと

 ・掃除中の分厚く堆積した油分が なかなか取れないこと >>> 機械用洗剤を使用した。
 ・ファンモーターのベアリング カバーを開放しグリスを塗布した後 カバーを元に戻すのに時間がかかった >>> クリアランスが小さい為 中心がずれると入らなかった

sun正規マニアルではないのであくまでも参考としてください。                   

Photo_2---工房りっちゃん---



初夏の上高地乗鞍スーパー林道B区間走ってみた2017.05.12

~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて
ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~

Photo_2
【工房りっちゃん】




2017.05.12 朝から一日晴れ時々曇り 

B 残雪の乗鞍岳

 sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04

 pencil【上高地乗鞍スーパー林道】

・別名 林道奈川安曇線 3つの区間からなる 、A区間(奈川温泉~乗鞍高原)、B区間(乗鞍高原~白骨温泉)、C区間(白骨温泉~安房峠)は 崖崩れのため通年通行不可。
松本市ホームページより

・長野県松本市安曇のR158号線から県道300号線にて白骨温泉へ ここから 上高地乗鞍スーパー林道B区間を通って乗鞍高原までの6.7kmを走行。最高標高地点は 窪トンネル付近で約1700mです。

・道路は 全般に1.5~2車線で 一部1車線の狭いところあり 白骨温泉までは観光バスに注意が必要 窪トンネルから乗鞍高原までは乗用車数台とすれ違った 展望できる開けた場所が少ないのでPの活用を。

sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04

B23

蛭窪トンネル出たところ

 

B27 乗鞍観光センターからの乗鞍岳



B1

B3






R158号線から県道300号線へ       白骨温泉まで500m付近  



B5

B7






白骨温泉付近             白骨温泉付近の洞門



B9

B12






白骨温泉入口(右側)         蛭窪トンネル付近の白樺



B22

B24_2






蛭窪トンネル付近の残雪        蛭窪トンネル出た乗鞍側



B25

B26





       乗鞍高原付近の林道の風景     乗鞍高原側 林道入口ゲート

動画】上高地乗鞍スーパー林道B区間(別名:林道奈川安曇線)
    ・長野県松本市安曇  「県道300号~白骨温泉~乗鞍高原」車窓より


YouTube: 上高地乗鞍スーパー林道B区間走ってみた2017.05.12

 


~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて

                                                              ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~

晴天が続いた裏見の滝 鍋ケ滝・鍋ケ滝公園 熊本県2017.06.16

Photo_2
【工房りっちゃん】


~ ♪♩♪ ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然と

まだ見ぬ風景をもとめて旅・ドライブした日本の風景です ♪♬ ~

 rvcarランドクルーザープラドで行く日本の風景ドライブメニューへrvcar一部動画ありmovie
goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど



2017.06.16 朝から一日晴れ時々曇り 

Dscn3537

鍋ケ滝 正面よりみる
 sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04
 pencil【鍋ケ滝】

・「裏見の滝」と言われる鍋ケ滝(なべがたき)は 幅約20m 髙さ約10m 滝裏の奥行き。滝の裏側に回ることができ、大きくえぐられた裏側は約13mある。

・熊本地震で 鍋ケ滝も岩が崩れ一時裏側への立ち入りが禁止されたが 現在は解除され 裏見の滝が鑑賞できる。

・新緑の季節で 木々の緑と 木漏れ日に光る 滝の飛沫が 絵画のように目に飛び込んでくる。裏からも 前からも綺麗な清楚な滝である。


sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04

Dscn3534 滝の周辺の風景

Dscn3535 滝裏側行の遊歩道より

Dscn3550 【鍋ケ滝】全景

Dscn3542 滝の裏側より

Dscn3559 鍋ケ滝の 飛沫

Dscn3558 滝のカーテン



Dscn3536

Dscn3541

 






滝 周辺の風景


 
Dscn3543Dscn3552_3










さわ遊びの風景

Dscn3556Dscn3560_2

 



滝 遠景

Dscn3530

Dscn3533








滝までの遊歩道

20170616_2
松原ダム~県647号~県387号~鍋が滝
goodクリックで拡大 



 


goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど


初夏の上高地 大正池~河童橋 長野県2017.05.12


Photo_2
【工房りっちゃん】


~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景
WebMagazine                                                                            ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~

 

rvcarランドクルーザープラドで行く日本の風景ドライブメニューへrvcar一部動画ありmovie
goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

2017.05.12 朝から一日晴れ時々曇り 

Dscn3232_2 河童橋より残雪の穂高連峰
  sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04
 pencil【上高地】
上高地観光アソシエ―ションより


・英国人宣教師ウエストンが見出した国際的山岳リゾート、上高地。穂高連峰の裾野、清流幸川の岸辺を歩けば、次々に展開する美しい風景に感動する事しきりだ。・・・上高地観光旅館組合・・・
焼岳標高2245m、長野県と岐阜県との県境にある北アルプス活火山、周辺には上高地温泉、新穂高温泉など散策の後は、温泉で疲れを癒すのも良いでしょう。
・ウエストン碑>明治中期に 上高地を欧州に紹介したイギリスの宣教師ウォルター・ウエストン。彼は日本に近代登山をもたらした人物でもある。彼の面影を刻んだレリーフが幸川河畔に設置され彼の功績を人々に伝えている。
河童橋上高地と言えば河童橋、上高地のシンボル的存在 その橋から眺望する穂高連峰や幸川の風景は、訪れる人の心をとらえることでしょう。
大正池焼岳の大噴火でできた大正池。雄大な穂高の姿を映す美しい湖面の大正池。写真によく出ている立ち枯れの木々の幻想的な風景は上高地を代表するものです。
田代池原生林を進んでいくと突然あたりが開け湿原に出るとそこが 田代池。この場所から見る穂高岳、焼岳の眺望が一番適しているとも。
ビジターセンター上高地の地質や気象、ここに生息する動植物を紹介する資料や標本を展示し、自然への理解を深めるセンター。上高地に捨てられたガラスで作った「カッパの涙」などのお土産にも自然保護のメッセージが込められている。

上高地は自然保護のため 年間を通してマイカーは、進入禁止です。沢渡駐車場か平湯駐車場にとめシャトルバスかタクシー利用となります。

昼頃に沢渡バス停到着。沢渡駐車場にとめシャトルバスにて大正池で下車、散策しながら歩くこと約70分河童橋に到着。上高地バスターミナルからシャトルバスにて沢渡駐車場で下車。
初めての上高地でしたが、テレビや写真で見る通りの絶景で大満足でした。

sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04 

Dscn3237_2 < 大正池から見る 焼岳 >



Dscn3208
< 穂高連峰 >

  

Dscn3199

Dscn3198








<大正池から田代池移動途中>



Dscn3211
 < 湿原 >

Dscn3209Dscn3213








< 足元の○○苔とフキノトウ >



Dscn3203

Dscn3201








< 田代池 付近 >




Dscn3217 < 霞沢岳方向>



Dscn3218Dscn3219








< 穂高橋 付近の風景 >



Dscn3221

 < ウェストン碑 付近 幸川の風景① >

Dscn3222 < ウエストン碑付近からの風景② >

Dscn3239Dscn3235_2






< 幸川の右岸左岸 >


Dscn3227Dscn3223








< 草木の新芽を食すニホンザルの群れ >

Dscn3234_2

  < 河童橋と穂高連峰 >

Dscn3230Dscn3229








< 河童橋 付近の風景 >

Dscn3240Dscn3243







< 上高地バスセンター付近 >        < 沢渡駐車場 >

動画
 zero「上高地行き沢渡バス停&沢渡駐車場」まで R158号岐阜県高山市から


YouTube: 上高地 沢渡バス停&駐車場まで 長野県(国道158号から)2017.05.12

 

 


rvcarランドクルーザープラドで行く日本の風景へ戻るrvcar一部動画ありmovie 

goodブログTOPへ戻るrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

高塔山と高塔山公園 北九州市若松区2017.06.09

Photo_2
【工房りっちゃん】

~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景
WebMagazine                                                                           
ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~

rvcar福岡県ドライブrvcar一部動画ありmovie
goodブログTOPへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

2017.06.09 朝から一日晴れ時々曇り


Dscn3497_2

洞海湾を跨ぐ 赤い「若戸大橋」と北九州市街の風景(高塔山展望台から)
 sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04
 pencil高塔山

・標高124mの山 中世には大庭隠岐守影種(おおばおきのかみかげたね)が築いた山城があったと伝えられています。
山頂には「高塔山公園」があり展望台からの北九州市街の眺望は素晴らしく、夜景は特に絶景です。
                            北九州市ホームページより

pencil高塔山公園

 ・園内には四季折々の花が植えられ 春は桜・ツツジ、初夏は69200株のアジサイが有名。6月はアジサイ祭り、7月は火祭り(河童祭り)が行われる。
さら
には広大な園内に様々なテーマを設定した散策コースがあります。

県民の森日本各県の「県の木」が集められ 日本地図のかたちをした花壇に各県の場所に県木が植えられています。

万葉植物園万葉の歌にちなんだ「木」を集め木の「代表歌」を書いた説明が横に添えられ 歌と植物が楽しく勉強できそうです。

火野葦平文学碑>洞海湾を一望する場所にあり 故人の筆跡で「泥に汚れた背嚢に さす一輪の菊の香や」と四行詩の前二行が彫られています。後の二行は「異国の道を行く兵の 目にしみむ空の青の色」は彫られていません。碑の下には葦平選集八巻・芸術院賞をうけた『革命前後』の原稿・筆記具などが埋蔵されています。

玄海遊歩道>高塔山公園を起点として若松の山々の尾根をだどって頓田貯水池のある響灘緑地グリーンパークに至る総延長12kmの遊歩道、途中 高塔山公園の「仏舎利塔」や「石峰山」「のろし台跡」「弥勒山」「白山神社」などがある。

カッパ封じの地蔵尊>>若松生まれの作家 火野葦平の「石と釘」で有名になったカッパを封じた「背中に釘のささった虚空蔵菩薩」=河童地蔵がまつられています。

吉田磯吉銅像>川ひらたの船頭から身を起こし、北九州の石炭業界に君臨、北九州の産業界の発展期を代表する一人。

sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04

Dscn3505_2

Dscn3508










高塔山公園                   公園広場


Dscn3513

Dscn3511








万葉植物園                  火野葦平文学碑



Dscn3509

Dscn3502_2








園内の風景



   Dscn3501_2

はるか彼方の響灘緑地の風車群 






 rvcarランドクルーザープラドで行く日本の風景ドライブメニューへrvcar一部動画ありmovie

goodブログTOPへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

 

 

 

白川郷・飛越峡合掌ライン富山県・岐阜県2017.05.11~12

Photo_2

~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景 WebMagazine                                                                            ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~

rvcarランドクルーザープラドで行く日本の風景ドライブメニューへrvcar一部動画ありmovie
goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど


2017.05.12 朝から一日晴れ時々曇り
 

Dscn3191 ・バックの白川連峰は 雪をかぶり 白川郷は  朝霧が少し残っています。

 sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04
 pencil【白川郷】

・伝統と人々の生活が息づく 白川郷合掌造り集落。白川郷は1995年に「人類の歴史上重要な時代を例証するある形式の建造物、建築物群技術の集積、または、景観の顕著な例」として世界文化遺産に登録されました。その中心となる合掌造り集落群は村の中央やや北側に位置する荻野地区にあり、その周囲の伝統文化の体験施設や歴史資料館等では、自然と共に生きる昔ながらの生活の知恵を垣間見ることができます。
白川町役場・Shirakawa village office資料より

・朝8時頃天守閣展望台に到着。眼下にひろがる朝霧の中の合掌造り集落とバックには雪をかぶる白山連峰 写真より実物を見ると 思わず「絶景」の声が出ました。

・集落を散策すると合掌造りの屋根がきれいに手入れされ、また足元を見ると の水のきれいな小川、綺麗に手入れされた田んぼのあぜ道、何処を観ても写真に収めたい衝動にかられました。

sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04 

Dsc_0010_2

Dsc_0007_2Photo_8


  


白川郷の遠景(天守閣展望台より)


Photo_2

Photo_3Photo_4Dsc_0008_2



合掌造り集落散策


 

動画
 one「飛越峡合掌ライン」・・・18時頃の撮影 + 降雨のため画像不鮮明
     富山県砺波市から南砺市(くろば温泉)、道の駅白川郷は夕暮・雨😢で画像なし


YouTube: 飛越峡合掌ライン2017.05.11(富山県砺波市からくろば温泉)

pencil 
 two「道の駅白川郷」から「白川郷 天守閣展望台」岐阜県2017.05.12 


YouTube: 飛越峡合掌ラインその②(道の駅白川郷~天守閣展望台)2017.05.12

 three「飛越峡合掌ライン」白川郷 天守閣展望台~御母衣ダム

 

 「ドライブコース」

  ・富山県砺波市  ➡ くろば温泉spa ➡ 道の駅白川郷 (泊) ➡ 天守閣展望台
              
  5月11日飛越峡ライン      富山県南励市     岐阜県大野郡白川村   5月12日

Photo_3

 pencil 5月12日は 前日の雨もやみ 爽やかな朝となった
       早朝に 天守閣展望台より朝霧に浮かぶ白川郷合掌造りを眺望した。

 rvcarランドクルーザープラドで行く日本の風景ドライブメニューへrvcar一部動画ありmovie

goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

 

 

立山称名滝日本一の落差350mまでドライブ2017.05.11

Photo_2


~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景
WebMagazine
                                                                            ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~



rvcarランドクルーザープラドで行く日本の風景ドライブメニューへrvcar一部動画ありmovie

goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

   2017.05.11 朝晴れ時々曇り、昼立山一時雨、夕方白川郷行途中より雨、夜中も雨


立山称名滝


画像をクリックして鮮明画像にてご覧ください

Dscn3172

sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04
pencil【称名滝】
・日本一の落差350mを誇る称名滝。水量は 多い時で毎秒100トンを超えるといわれ、「日本の滝百選」に選ばれているほか 国指定の名勝 天然記念物に指定されている。雪解け水が流れ込む春や、雨の後には「ハンノキ滝」が現れる、落差は「称名滝」を上回る500mで迫力満点。

・立山駅から一足のばして名瀑を見に行こう!と 行も 滝手前のドライブイン前で落石の為 通行止めの標識ありこれまたザンネン!

・遊歩道の行けるところ(通行止めまで)まで行って みると なんと滝がいく筋も(3~4本くらい)いろんなところから流れていてビックリ。

sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04

Dscn3175_2

Dscn3176_3









・レストハウスの駐車場に止め「ソフトクリーム」を買いに行くと 営業中の看板があるが しまっていた、これまたガックリ。


動画


YouTube: 称名滝までの風景(立山駅~レストハウス)2017.05.11


Photo

Photo_2

Photo_3・当日は曇り空で途中 雨が ぱらっと来ましたが 肉眼では 「称名滝」「ハンノキ滝」まで見え 更には 山肌のいたるところから水が出ている状況でした。

 rvcarランドクルーザープラドで行く日本の風景ドライブメニューへrvcar一部動画ありmovie

goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど






立山連峰 富山側から立山ロープウェイ・高原バスにて室堂へ2017.05.11

 

Photo_2
~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景WebMagazine                                                                            ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~

🚙。。。九州各地で出会った風景や新しい発見を記録に残して行くうちに もっと もっと 遠くに行きたくなった 日本各地の記録です。

rvcarランドクルーザープラドで行く日本の風景ドライブメニューへrvcar一部動画ありmovie

goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど

   

 1、立山駅・・・12時過ぎに到着 晴れ時々曇り空

  ・立山ケーブルカーで美女平へ

Dscn3128_5      Dscn3129_4







「立山駅前」             「立山駅」

Dscn3132_3Dscn3139_3








・ロープウェイ乗り場            ・乗車券売り場

 ◎立山ケーブルカー:美女平と立山駅までの標高差500m、最大29度の急斜面を2台の車両がつるべ式に昇降しています。


Dscn3145_3・立山ケーブルカー
立山駅から美女平駅までの1300mを走行する(単線2両交走式)途中 車窓より「柱状節理」が見える旨のアナウンスがあった。
 開業は1954年8月13日との事

pencilトンネル手前の線路が離合できるように復線になっている。
・実際に乗ってみるとかなりの急斜面を登るのがわかる。
・ケーブルカーの作りも斜めになっているために座席は階段状についている。















2、美女平・・・曇り時々晴れ

 ・高原バスにて室堂へ

Dscn3170 ・美女平より見る立山連峰


Dscn3169_2Dscn3171_2








 美女平駅前       美女平駅前の表示



◎高原バス
:「雪の大谷」で有名な美女平から室堂の、標高差1,500mの高原を走り車窓から雪景色を楽しむことが出来ました。・・バスの車窓より

pencil美女平駅~室堂駅間で運行、この区間は マイカー規制で車の乗り入れができない為 観光客は 必ずこのバスを利用する必要がある。バスのエンジンは 環境のためハイブリットバスへ逐次変更しているとの事。

Dscn3155_3  ・出発直後の立山連峰 怪しげな雲


Dscn3150_4      Dscn3154_8








道路の雪は溶けています  標高が上がるにつれ雪が増えます


Dscn3157_2       Dscn3163_4









積雪が更に増えます  ・雪の壁の散策は本日中止で車窓よりパシャリ

Dscn3164_3       Dscn3156_2








                        
室堂付近の積雪状況      室堂付近 雪の壁


3、室堂・・・高原バスにて「室堂」へ 視界ゼロで「雪の壁」も歩けず残念


Dscn3160_2      Dscn3161_2








                       
 視界ゼロ 帽子がいい  ・外気温 0.0 ℃ 寒さに震えています


Dscn3162_2      Dscn3159_3







室堂駅&展望室入口           駅内部

◎立山連峰を眺望する予定が 室堂付近は霧(雲)の中で 寒いばかりで何も見えない状況ザンネン!黒部ダムもあきらめる羽目に。来年再チャレンジを誓う。


 rvcarランドクルーザープラドで行く日本の風景ドライブメニューへrvcar一部動画ありmovie

goodブログTOPメニューへrvcarupドライブ・旅・自動車整備・DIYなど





最近の写真

  • Dscn4101
  • Dscn4099
  • Dscn4098
  • Dscn4095
  • Dscn4093
  • Dscn4091
  • Dscn4089
  • Dscn4087
  • Dscn4073
  • Dscn4068
  • Dscn4066
  • Dscn4065