新着特集

りっちゃんとみっちゃんのドライブ

  • 車中泊の旅2017年(計画中)
    2017年秋計画中。

« みっちゃんとドライブ日本の風景 | メイン | 門司港レトロ散策 »

涅槃像篠栗南蔵院<ネハンゾウ ササグリ ナンゾウイン>

2018年1月8日

篠栗南蔵院《涅槃像》に行ってみました。

◎篠栗四国は 江戸期天保年間に開かれましたが 明治時代「霊場廃棄命令」が県令により出されたおり 地元の人々による長年にわたる嘆願の末存続が 認められた。

◎南蔵院は 篠栗四国霊場の総本山で 第一番札所であり 高野山真言宗の別格本山でもあります。

◎涅槃像は ブロンズ製では世界一 ・全長 = 41m・高さ = 11m・重さ = 約300t もある大きなものです。

◎涅槃像は ミャンマー国仏教会議より贈呈を受けました お釈迦様、阿弥陀様、目連様の三尊仏舎利を安置する場所として建立されたそうです。

※以上 「南蔵院」パンフレットより抜粋

Dscn2654_2

当日は くもり時々小雨模様でしたが たくさんの方が来られていました。

駐車場(200円)に止めると 目の前には  福北ゆたか線『城戸南蔵院前駅』が飛び込んできました。 

Dscn2640 福北ゆたか線『城戸南蔵院前駅』正面

Dscn2641 篠栗四国霊場巡礼図(駅前に設置)

駐車場から見る 南蔵院 ~ 涅槃像 の通路(柵がみえるところ⇒写真中央右側)

Dscn2682

駐車場前の風景

Dscn2642 

南蔵院本堂入口の階段です 

Dscn2644

入口の階段を上から見たところです

Dscn2668

階段横の山水が流れる風景

Dscn2646

『七福神トンネル』を通って『涅槃像へ 』

Dscn2647_2

右側は『本堂』の表示

Dscn2648

『七福神トンネル』を出たところの風景

Dscn2667

トンネルを抜け少し行くと『大黒堂』と『妙見堂』(金運の神様・宝くじ祈願)

Dscn2649 

Dscn2666

 

『三鈷の松』・・・

Dscn2650

階段を昇ると

Dscn2651

Dscn2663

 

『涅槃像』の頭のところに出ました。この部分に涅槃像体内入口がありました。

Dscn2652

『涅槃像』全景です。

Dscn2654

正面より

Dscn2656

境内案内図

Dscn2657

体内入口の受付所(500円)(祈願、供養)

Dscn2661 体内は写真撮影禁止でした。

涅槃像の足元から出てきました。

Dscn2660

出たところで 羽の着いた玉 3ヶをもらい 招き猫の前にある赤い升(5ヶ)めがけて投げ入ると景品がもらえるそうです ・・・ 二人とも全敗でした

Dscn2659

涅槃像 体内でいただいたお守り(1000円)

Dscn2683

涅槃像から南蔵院本堂途中の通路より『国道201号』を見たところ

Dscn2665

 

Dscn2674

Dscn2680

Dscn2676

Dscn2678_2

Dscn2679

Dscn2681

Dscn2669

Dscn2670

Dscn2671

Dscn2672

Dscn2673

南蔵院入口にある おみやげ&食事処『たまや』で昼食

おみやげ売り場の奥に 黒を基調としてた造りで落ち着いた食事処があり美味しくいただきました。 

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Photo
  • Photo_2
  • Mah0099021
  • Mah0099020
  • Mah0099017
  • Mah0099066
  • Mah0099011
  • Mah0099010
  • Mah0099056
  • Mah0099035
  • Mah009904
  • Mah009901