新着特集

りっちゃんとみっちゃんのドライブ

  • 車中泊の旅2017年(計画中)
    2017年秋計画中。

メイン | 2017年1月 »

2016年12月の4件の記事

ブレーキキャリパー(リア)OH

◎愛車「プラド95」の走行距離が 19万kmを超えたのでブレーキキャリパーOHの記録です。

①キャリーパーを外す前に ブレーキフルードホースを切り離します。                ※この時フルードが流れ出ないよう ゴムキャップなどで栓をしておかないとリザーバー内のフルードが抜けてしまいます。

Dscn2360

②リヤのキャリパーを取り外します ⇒ 裏側の二本のボルトで取り付いています。         

Dscn2363

③キャリパーを外したところです。 ※キャリパー及び各部品を清掃します。

Dscn2366

④ダストカバー取外し及びブレーキシリンダー抜き出します 。

Dscn2367

⑤空気入れにて ブレーキフルード入口より空気を入れるとブレーキシリンダーが出てきます(写真はシリンダーが飛び出ないようストッパーの板を置いています)

Dscn2368_2 

⑥ 空気を少しずつ入れるとシリンダーが徐々に出てきます。

Dscn2391_2

Dscn2369_2Dscn2370_2

⑦シリンダーを抜いた後の写真です、ダストブーツは古いものです。

Dscn2371

⑧清掃の終わった各部品と新品のダストカバーとピストンシールです。                ※写真がこれしかなく(。-人-。) ゴメンナサイ。

Dscn2395

Dscn2375

組込み

⑨最初にピストンシールにグリスを充分に塗布した後シリンダーに装着します。  ※写真がありません(。-人-。) ゴメンネ(フロント側キャリパーOHを参照ください)

⑩ダストカバー端凸部をシリンダー内側の凹部に装着します。その後ピストンを挿入します。⇒次の写真へ

Dscn2394

⑪ダストカバー端凸部が外れないようにしてピストンを挿入します⇒ピストンでダストカバーの端凸部がシリンダー凹部に固定されることになります。※ちょっとやりにくいですが、やり易い方法で装着してください。

Dscn2393

⑫次に反対側のダストカバー凸部をピストンの凹部に装着します、ゴムの弾性で装着固定されています。

Dscn2398_2

⑬ダストカバー装着が完了した状態の写真です。

Dscn2374_2

⑭キャリパーを復旧後エアー抜きを充分に行います。                          ※一人でエアー抜きをした時の写真です。空気が逆流しないようホース内をフルードで充満させた状態でブリーダープラグをスパナで開閉して(写真がなく(。-人-。) ゴメンネ)エアー抜きをします。

Dscn2402

🚙 次回はフロント ストラット交換予定です。

 

 

 

シングルベッドをWベッドに拡張

 2016年12月16日(金)sun

シングルベッドをダブルサイズに拡張完成

Dscn2562

※出来上がったベッド

①シングルベッドの幅を2×4材で拡張

②拡張方法は 頭側と足側の同じサイズの台を2個作成してつなぎました。

      

             

   

                                                               

                                                          

                                                             12月12日 材料の木材購入(1×4 ワンバイフォ = 2本、2×4 ツバイフォ = 14本)

Dscn2546

2×4は 4本余りました ⇒ 計算違い😢

                

                 

                   

                   

                 

                 

                   

                  

                

                                     

                                   

                                

                             

                               

                              

                                   

                                     

12月15日 やっと重い腰が上がり 材料を切ったところです  

Dscn2549

                               

                               

                          

                            

                          

                            

                              

                                               

                                                             

                                                      

                                                   

                                                    

◎ベッド拡張台を仮組したところです

Dscn2550

     
  

※2×4材 = 4本使用し余りは写真右側の15cm程度の2枚の板だけでした 

    

              

                 

             

  

  

  

◎組み立て完了 ニス塗りを残すのみです

Dscn2551

  

※四隅の板(嵩上げしている部分)は ベッドの高さと合わせるためです   ※板は1×4材を使用 残りは次ページの飾りに使用

                 

                      

                    

                    

                                                       

                     

                      

◎スプレーニスを塗ったところです 

Dscn2553

※見えるところのみ塗っています 頭側が完成したところです(足側も同様に作成します)

※残りの1×4で横の補強+飾りを兼ねています

   

  

    

        

                  

                                                                                                      

                                                              

                                                            

◎作成した2個の拡張用 台をベッドの下に置いたところです                      

Dscn2555

   

※右側の板は 仮に置いたところです

                                                          

                                    

                                          

                                

       

  

  

   

◎ベッドの高さに合わせて2×4材を左右に2本ずつ置いたところです

      Dscn2556

※固定は全てビス止めです

                  

                                       

                                       

                                        

    

    

    

   

◎シングルベッド拡張台は これで完了です この上にダブル用のマットを敷きます

Dscn2560

  
※足元のベッド角の板をあえてずらす事で誤って足をぶつけない対策です

  

   

                                  

                                    

                                       

                                 

    

    

◎完成した写真です 実物を見るとアンティーク調の木製ベッドです

Dscn2562_2


  

※良い出来上がりです 

    

                                          

                                           

                                        

                                 

         

   

  

◎余った材料で ベッド下の隠し棚? 眼鏡置き場を作りました

 Dscn2563  

※ちょっと使いづらく不評です   

※材料費は 約3000円でした


             

 

   

    

   

   
           

     

     

    

    
  

 

   

  

   

   

   

  

  

   



 

  

  



 

山口県「火の山回転レストラン」までドライブしました

H28年7月9日(土)sun 

 火の山回転レストランまでドライブをしました。

  夕方17時頃出発 芦屋から若松(495号線)、若戸トンネル、関門トンネルを通り火の山には19時頃到着 しました。

 

              当日のドライブコース

Dscn2048_4

【若戸トンネル 若松側入口】

自宅から若戸トンネル入り口までの

495号線は 車も少なくスムーズな

走りでした。

 

火の山パークウェイ駐車場からの夕日  雲が多く黄金色の夕日が少し見えました

Dscn2049_6

Dscn2050_6

夕日が沈んだ後の景色

Dscn2051_3

Dscn2052_2

回転レストランから外を見る

Dscn2053

Dscn2055_2

食事風景

Dscn2058

Dscn2057

きれいな夕日を鑑賞することができました。(*^-^*)

 

佐賀県庁のプロジェクションマッピングを見てきました

2016年12月16日

佐賀県庁 屋上展望台のプロジェクションマッピングが きれいとの話を聞き 急きょwatch15時30分出発 rvcar 途中ウエストで中村コウジプロヂュースのnoodle福と親子うどんを食べ 20時前にhotel佐賀県庁到着motorsports 夜間で駐車場も空いていました、さらにdollar無料でした。

Dscn2565_2

    

県庁の展望台入口の案内です

 

 

   

   

    

    

    

    

屋上展望台のプロジェクションマッピングです バルーンやサンタクロース、宇宙の画像が流れて非常にきれいでした。

Dscn2569_2

Dscn2570





Mah007111_2

  

  

   

   

   

   

   

     

  

  

  

  

  

  

 

  

プロジェクションマッピングの後は 佐賀駅までの散策をしました 県庁前のイルミネーションです

Dscn2572

Dscn2573

  

  

   

   

   

   

   

   

    

    

    

 

  

  

  

  

 

  

  

街路樹などが きれいに電飾されていました

Dscn2574

Dscn2575

Dscn2576

Dscn2579_2

Dscn2580

Dscn2582

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し寒かったが 優雅な佐賀の夜景を堪能するこたができました。

eye 12月1日~31日までは「クリスマスバージョン」の画像が流されるそうです

最近の写真

  • Dscn4101
  • Dscn4099
  • Dscn4098
  • Dscn4095
  • Dscn4093
  • Dscn4091
  • Dscn4089
  • Dscn4087
  • Dscn4073
  • Dscn4068
  • Dscn4066
  • Dscn4065